毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。


photo by Connie Ma

はちみつ専門店へ行かれたことがあるでしょうか?日本各地のはちみつをはじめ、海外からの輸入品も幅広く揃えたお店もあります。試食もでき、ハチミツについてより多くのことを知ることができます。

ハチミツは花によって驚くほど風味が違う

ミツバチや養蜂への興味が高じて、はちみつへの関心が高まった。そんな方も多いのではないでしょうか? はちみつとひと口にいってもいろいろな種類があり、大きく分けると百花蜜と単花蜜に分かれます。百花蜜とは、蜜源を特定せずに季節の様々な花々から集めたものです。もう一つの単花蜜は、レンゲやアカシア、サクラ、クリなど単一の花を蜜源とするものをさします。

単花蜜の採取法は、たとえばレンゲはちみつなら、レンゲ畑の中に巣箱を置いておくというシンプルなものです。ですので、必ずしもレンゲからだけ集められたかといえば、そうともいえません。気まぐれなミツバチは、違う花から蜜を運んでくることもあるでしょう。でもまぁ、大よそは巣箱が置かれていた場所に咲く花が蜜源といって問題ないでしょう。

ニホンミツバチの場合は、百花蜜になります。単一の花に集中して集める性質が低いことや、重箱式のように多くても年に数回しか採蜜しない巣箱を使うためです。

日本や世界各地のはちみつと出会いに専門店へ

ハチミツ専門店には、数え切れないほどのハチミツが置いてあります。アカシアやレンゲといったオーソドックスなものから、コーヒーやクリスマスツリー、かぼちゃなど珍しいはちみつもいろいろあり、見ているだけでも楽しめます。

また、たとえば、クローバーを蜜源とするはちみつでも、採れた土地や時期によって微妙に味が違うことも珍しくありません。

ほとんどの店では、試食させてもらえるので、あれこれ味見をして気に入った1本を買い求めてはいかがでしょうか。また、はちみつ専門店の中には、養蜂家が経営しているお店もあり、生産者から直接話を聞ける貴重な場所であるともいえますね。

ミツバチ関連商品の販売や、ワークショップを開催するお店も

はちみつ専門店で買えるのは、はちみつだけではありません。プロポリスやロイヤルゼリー、ポーレン(花粉)、はちみつで作ったお菓子など、はちみつやミツバチに由来するさまざまなものが売られています。

養蜂をしていても、自分ではなかなか自家採取できないものもあり、ミツバチに興味がある方ならきっと楽しめることと思います。

また、はちみつ料理や、はちみつを使ったコスメ作りが体験できるワークショップなどを開催しているはちみつ専門店もあります。女性が参加していることが多いようですが、もちろん男性一人での参加も大歓迎。はちみつをより広く、深く味わいたい、知りたい、そんな方にはきっと発見や参考になることがあることでしょう。

ひとさじのはちみつからその背景を想像する楽しみ

私たちは、家族だけでは消費しきれないほどはちみつはとれますが、それでも時々「珍しいはちみつはないかな」「おいしいはちみつはあるかな」などと考えながらはちみつ専門店を訪れます。

当たり前ですが、専門店にははちみつに精通したスタッフがいて、スタッフとのおしゃべりも楽しいものです。

そして、そこで出会った見知らぬ土地のはちみつを口に含みながら「どんな花畑からミツバチが集めたのかな」「花畑は森の奥なのかな、高原にあるのかな」「きっと心優しい養蜂家が絞ったんだろうな」などいろいろなことを想像します。ひとさじのはちみつを通して、その背景に思いを馳せる。それはちみつを味わう喜びの一つである、そんな風に思ってやみません。






毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: