毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

2017年3月10日に配信された、メルマガのバックナンバーです。

クイズで分蜂の基礎知識をチェックしよう

右も左も分からないという初心者の方の声を受け、ニホンミツバチのクイズを作成しています。

まず第一弾の分蜂基礎知識チェッククイズができました。これで100点が取れなければ、今年の捕獲は厳しいでしょう。

=> 分蜂基礎知識チェッククイズ

今後も、分蜂の捕獲のコツなど、様々なクイズを提供する予定です。

待ち箱ルアーでの捕獲動画コンテスト、最優秀賞の発表

待ち箱ルアーが世に出て3年。今年は4度目の分蜂シーズンです。分蜂も直前になりました。そこで、待ち箱ルアーでの捕獲の動画のコンテストを実施しました。

最優秀賞は、熟年ハッチーさんでした。副賞として、待ち箱ルアーの5個セットが送られます。その他の賞については、個別にご連絡させていただきます。

待ち箱ルアーでの捕獲動画 最優秀賞

なお、今年の捕獲時の動画のコンテストも、3月末から実施する予定です。昨年までの動画がない方は、今年はぜひ撮影にチャレンジしてみてください。

以下の撮影のポイントを意識すると、映像の質が大きく上がります。今はインターネットを使って、簡単に世界中の人に向けて動画を公開できます。ぜひ貴重な映像を撮影して、世界中の人にみてもらいましょう。

・スマホでもOK
最近のスマートフォンは、驚くほど綺麗な映像が撮れます。ただし、なるべく横画面で撮るようにしてください。

・カメラをしっかり固定
わきを締めてカメラを持ちましょう

・カメラを振り回して撮らない
なるべくカメラはじっと固定

・ズーム機能を多用しない
手ブレが起こりやすくなり、映像自体が見にくくなります。

いよいよ来週から分蜂?!九州・四国の人は準備をお急ぎください。

分蜂マップに昨年寄せられた最初の分蜂報告は、長崎県の3月15日でした。

また、雄蜂の蓋がそろそろ落ちている地域も多いようです。

今年の分蜂はどうでしょう?ひょっとすれば、来週後半には捕獲の報告が九州から届くかもしれません。去年の分蜂は例年より少し早かったようですが、今年も去年と同様の時期に起こりそうでしょうか?

九州・四国の人は、3月10日を過ぎた頃から巣箱に待ち箱ルアーを開封して取り付けたいですね。中国、関西、東海、関東の太平洋側の平野部の方も、九州・四国の分蜂の動向を見つつ、3月20日を過ぎた頃から待ち箱ルアーを取り付けたいですね。

未開封であれば、常温で数週間保存しても問題ありません。また、冷蔵庫に入れれば数ヶ月保存できます。今年から待ち箱ルアーの説明書をインターネット上で公開しています。利用法方法等は説明書もご覧になってください。

待ち箱ルアー説明書

また、待ち箱ルアーについて、詳しい情報は以下のページをご覧ください。

待ち箱ルアー案内ページ

おすすめQ&A

ニホンミツバチのQ&Aに寄せられた、おすすめのQ&Aをご紹介します。

杉の丸太で丸洞巣箱を作りたいと思います。
ニホンミツバチの愛好者なら、丸洞でぜひ飼育してみたいですね。気になる作り方は?

分封が見込まれる群の蜂球集合板は巣門から何mの所が望ましいでしょうか。
飼育群れがある人は、集合板を今から用意しておきましょう。

捕獲ミツバチを5Kmほど車で移動する時の方法、注意点有りましたらお知らせください
捕獲後に移動される方、毎年、移動での失敗の相談があります。事前に移動方法は確認しておきましょう。

ニホンミツバチのQ&Aは、全国の愛好家が投稿しております。京都ニホンミツバチ週末養蜂の会が、回答の内容を保証するものではないことをご理解ください。

コラムを始めました

週末養蜂の魅力をより多くの人に伝えるために、コラム記事の作成を行なっています。今週のオススメのコラムをご紹介します。

都会暮らしでも、自然とのつながりを持ちたい!ロンドンで都市養蜂の人気が沸騰中
大都会のロンドンでは、都市養蜂の人気が出てきています。地価が非常に高いロンドンでは、養蜂に広い土地が必要ないことも、人気の理由の1つのようです。

養蜂は食育にぴったり!子供と一緒にニホンミツバチを飼ってみよう
養蜂は、お子さん、お孫さんの食育にもとても良い効果があります。教育のためにもニホンミツバチを飼育してみましょう。

他団体様のイベントの告知のお知らせ

長野県諏訪市の岩波さんが、ニホンミツバチのイベントを開催されます。

日時:平成29年3月25日(土)午前10時〜午後3時
会場:長野県諏訪市中洲4975 福島公民館

詳しくは 岩波さんのホームページをご覧ください。

こちらのコーナーでは、他の団体が開催するイベントを紹介させていただいております。
当方では、告知の協力のみ行っております。お問い合わせなどは、運営者にお願いいたします。

メルマガの登録案内

このページは週末養蜂メルマガのバックナンバーです。メルマガの配信を希望される方は次のページをご覧ください。

=> メルマガ



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: