毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

2017年3月13日に配信された、メルマガのバックナンバーです。

待ち箱ルアー、キンリョウヘンの使い方はバッチリ?クイズで確認しよう

ニホンミツバチのQ&Aの質問や、ショップへのお問い合わせをみると、待ち箱ルアーやキンリョウヘンについて誤解や知識が足りていない場合があります。そこで、初心者の方がよく引っかかるポイントをクイズにしました。ぜひチャレンジしてください。

=> クイズ 分蜂群れの捕獲方法 [待ち箱ルアー、キンリョウヘン等の誘引アイテムの利用]

今後も、分蜂の捕獲のコツなど、様々なクイズを提供する予定です。

いよいよ今週から分蜂開始?!九州・四国の人は準備をお急ぎください。

分蜂マップに昨年寄せられた最初の分蜂報告は、長崎県の3月15日でした。

雄蜂の蓋がそろそろ落ちている地域も多いようです。京都でも雄蜂の蓋が確認できました。去年同様、少し早めの分蜂になるかもしれません。京都ニホンミツバチ週末養蜂の会の活動地域は、車で2時間くらいの範囲まで広がっているので、そろそろ待ち箱とルアーを置き始めないといけません。

九州・四国の人は、そろそろ巣箱に待ち箱ルアーを開封して取り付けたいですね。今週の後半から来週にかけていつ分蜂の報告があってもおかしくない状況です。

中国、関西、東海、関東の太平洋側の平野部の方も、九州・四国の分蜂の動向を見つつ、3月20日を過ぎた頃から待ち箱ルアーを取り付けたいですね。

ニホンミツバチのQ&Aで、九州の分蜂の情報について答えてくださった方がおられました。
九州の方にお聞きします。分蜂はもう始まりそうですか?

未開封であれば、常温で数週間保存しても問題ありません。また、冷蔵庫に入れれば数ヶ月保存できます。今年から待ち箱ルアーの説明書をインターネット上で公開しています。利用法方法等は説明書もご覧になってください。

待ち箱ルアー説明書

また、待ち箱ルアーについて、詳しい情報は以下のページをご覧ください。

待ち箱ルアー案内ページ

おすすめQ&A

ニホンミツバチのQ&Aに寄せられた、おすすめのQ&Aをご紹介します。

種子島に日本ミツバチはいるのでしょうか?
いると思うのですが、確かな情報をお持ちの方は回答を投稿していただけるとありがたいです。

重箱式待ち箱の置き場所について教えたください
一箇所に固めても望み薄なので、なるべくたくさんの設置場所を確保したいですね。

待桶の箱の色は何色が入居率が高く、何色が嫌われるでしょうか。
気になります。誰がご存知の方はおられないでしょうか?

ニホンミツバチのQ&Aは、全国の愛好家が投稿しております。京都ニホンミツバチ週末養蜂の会が、回答の内容を保証するものではないことをご理解ください。

コラムを始めました

週末養蜂の魅力をより多くの人に伝えるために、コラム記事の作成を行なっています。今週のオススメのコラムをご紹介します。

味がこんなに違うのはなぜ?栗、ソバなどの強烈な風味のハチミツ
蜜源によって味が大きく変わります。ニホンミツバチは百花蜜ですが、環境によって蜜源が違うので、味が地域によって異なります。

簡単にはいかない、都市養蜂と法律の問題
都市部での養蜂が世界中で盛んになっており、養蜂を規制する法律を緩和する動きも見られます。トラブルの事例もあり、今後どのような法律を定めるかが課題になっています。

他団体様のイベントの告知のお知らせ

長野県諏訪市の岩波さんが、ニホンミツバチのイベントを開催されます。

日時:平成29年3月25日(土)午前10時〜午後3時
会場:長野県諏訪市中洲4975 福島公民館

詳しくは 岩波さんのホームページ をご覧ください。

こちらのコーナーでは、他の団体が開催するイベントを紹介させていただいております。
当方では、告知の協力のみ行っております。お問い合わせなどは、運営者にお願いいたします。

メルマガの登録案内

このページは週末養蜂メルマガのバックナンバーです。メルマガの配信を希望される方は次のページをご覧ください。

=> メルマガ



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: