毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

2017年3月25日に配信された、メルマガのバックナンバーです。

九州から続々と分蜂報告

分蜂マップや、ニホンミツバチのQ&Aで、続々と捕獲の報告が寄せられ始めました。
昨年のように、来週から九州でも一気に増えてくるでしょう。

=> 分蜂マップ

また、三重からの報告もあります。関東、関西などでも、太平洋側の平野部では九州とそんなに分蜂時期は変わりません。せいぜい1週間、10日程度です。

この週末は巣箱を設置しておきましょう。待ち箱ルアーも効果が45日間と長く持つので、探索蜂の活動や、早めの分蜂も想定し、分蜂の目安の5日や10日前に開封して取り付けてください。

分蜂の情報を逐一確認するのは面倒ですので、便利なメルマガも用意しています。
分蜂期間中、毎日その日の分蜂情報が届きます。

=> 分蜂マップ 分蜂情報メルマガ (1日1回、午後8時に配信)

試しにまずやってみよう!色々見えてきます

「ずっと前からミツバチやりたいと思っているんだけど。。。」という人がいますが、まず巣箱1個でもいいから作っておいてみましょう。

そうすれば立派に始めたことになります。実際始めると、当然ですがいろんなことがわかるんです。

巣箱の置き場所や、巣箱の作り方を調べたり、周りにニホンミツバチがいるか気になったり、ミツバチのニュースが気になったりし始めます。巣箱を1つ置いただけでも、立派な週末養蜂家の一歩です。ぜひ今年、はじめてみてください。これを逃すとまた1年待たなければなりません。

これから始めたい人は、次のページをぜひお読みください。
=> ニホンミツバチの飼育を始めたい方へ

また、時間がない人は、 週末養蜂スタートキットをご利用ください。
捕獲用巣箱と、ニホンミツバチを誘引する待ち箱ルアー、ミツロウがセットになっています。そして付属の初心者向けの教材、これならできる!ニホンミツバチの週末養蜂で飼育方法を学ぶことができます。

届いたらまず巣箱を設置して、あとは教材で学びながらニホンミツバチが来るのを待ちましょう。

週末養蜂スタートキット

達人がたくさん捕獲できるのは??

たまに1人で何十群れも捕まえる人がいます。どうしてそんなことができるのでしょうか?

・理由1 経験上、よく入る場所がわかる
まず、長年飼育しているので、過去捕獲できた場所がいくつもあります。そういった場所は、周りにニホンミツバチが多いというような、よく捕獲できる理由があります。
そして、毎年、その場所は入りやすいので、過去に捕獲できた場所に巣箱を置いていけば良いのです。

・理由2 飼育群れがたくさんいる
ニホンミツバチの捕獲で最も重要なのは、飼育群れから出てくる群れを確実に捕獲することです。ニホンミツバチは分蜂時には、そんなに遠くまで行きません。意外と近場で手を打つことが多いです。飼育群れがいると、そこから出てくる群れを狙えます。特に、分蜂が起こって、巣箱のすぐ近くでまず一旦木に集合するのですが、この集合している群れを無理やり巣箱に押し込んで捕獲することもできます。飼育群れがいるだけで、捕獲には圧倒的に有利なのです。

・理由3 巣箱、キンリョウヘンなど、資材がふんだんにある
巣箱は何年も使えますし、キンリョウヘンも株分けするとどんどん増えていきます。捕獲用の資材がたくさんあるのです。物量が違います。巣箱100個置いて、30群れ入るとか、そういった規模なんです。

私たちのところでは、捕獲にはそこまで特別なことはしていません。かなり広範囲に分散させて巣箱を置いています。キンリョウヘンと、最近では便利なので待ち箱ルアーもかなり使っています。

このような捕獲のコツを公開していますので、ぜひお読みになって万全の状態で迎えてください。

=> ニホンミツバチの捕獲方法と捕獲の10のコツ

エサもやらないし、世話も大してしなくても良いニホンミツバチですが、捕獲するのは頑張らないとなかなか難しいです。全国で分蜂が起ころうとしています。ぜひお早めにご準備ください。

おすすめQ&A

ニホンミツバチのQ&Aに寄せられた、おすすめのQ&Aをご紹介します。

金両辺の花芽はいつごろに出てくるものですか?
キンリョウヘンの花芽は前年の秋頃には着き始めます。いま花芽がないものは残念ながらこの春は使えません。

りんごの木に巣を作っている野生ミツバチを確保は可能⁉︎
近くに自然巣があれば、そこから出てくる分蜂群をまず狙ってみましょう。自然巣、飼育群れが近くにあるのとないのでは捕獲の難度は大違いです。

ニホンミツバチのQ&Aは、全国の愛好家が投稿しております。京都ニホンミツバチ週末養蜂の会が、回答の内容を保証するものではないことをご理解ください。

おすすめ飼育日誌

ニホンミツバチのQ&Aには、飼育日誌を書くコーナーがあります。

毎日たくさんの楽しい飼育日誌が寄せられています。こちらで飼育日誌を書くと、全国の方が飼育方法をアドバイスしてくれるので、初心者の方もぜひ記録をつけてみましょう。

3月22日(水)午後3時頃分蜂しました。

博物館敷地内の自然巣を引き取って

Facebookページでも情報を発信しています

Facebookページでは、オススメのQ&Aやコラム、ミツバチの動画などを発信しています。
ぜひいいね!してください。

Facebookページ 週末養蜂家のニホンミツバチのおいしいはちみつ

メルマガの登録案内

このページは週末養蜂メルマガのバックナンバーです。メルマガの配信を希望される方は次のページをご覧ください。

=> メルマガ



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: