毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

2017年3月30日に配信された、メルマガのバックナンバーです。

東北と北信越地方以外の平野部では今週末には準備しましょう

分蜂マップには初めて徳島から報告が寄せられました。

3月27日 徳島県 徳島市 BEE HIVE さん
飼育している巣箱よりの分蜂群が昼過ぎに ヒバの木の50㎝ほどの高さに 集結

分蜂マップ

関東、関西などでも、太平洋側の平野部では九州とそんなに分蜂時期は変わりません。せいぜい1週間、10日程度です。そろそろ、どこで分蜂が起こってもおかしくなくなってきました。東北と北信越地方以外の平野部ではこの週末は巣箱を設置しておきましょう。もう分蜂が起こりそうです。待ち箱ルアーも効果が45日間と長く持つので、探索蜂の活動や、早めの分蜂も想定し、分蜂の目安の5日や10日前に開封して取り付けてください。

分蜂の情報を逐一確認するのは面倒ですので、便利なメルマガも用意しています。分蜂期間中、毎日その日の分蜂情報が届きます。

・分蜂マップ 分蜂情報メルマガ (1日1回、午後8時に配信)はこちら

皆様から今年もたくさんの捕獲報告が集まるのを楽しみにしております。

待ち箱ルアーの購入者数が3年間で2倍に

2014年から販売が始まった待ち箱ルアーですが、皆様の支持を受けなんと3年間で購入者が2倍になる見込みです。
多くの方から、その効果についてご支持をいただき、とても嬉しく思っております。

製品の価格の低下、より持続可能な生産・販売体制につきまして、引き続き製造元の京都ニホンミツバチ研究所様と協力して改善を進めていきたいと考えております。

なお、本年度の販売は、最低でも5月末頃、通常の売れ行きであれば6月中頃までは皆様にお届けできる体制となっております。
分蜂が遅い東北の方や、夏分蜂に利用される方にもお届けできますのでご安心ください。

分蜂が始まる少し前から待ち箱ルアーを利用し始めるのが最も効果的です。ご検討中の方は、分蜂群れ捕獲の可能性を高めるためにもぜひお早めにお買い求めください。

待ち箱ルアーの詳細、購入はこちら

今年も、捕獲体験談の募集を行います

初めて捕獲した人たちの感動を集めた、捕獲体験談の書籍の作成ですが、昨年だけでは十分な量が集まりませんでした。
今年引き続き募集させていただく予定です。ご心配おかけしまして申し訳ございません。

詳しくは後日改めてご連絡させていただきます。何卒よろしくお願い致します。

おすすめQ&A

ニホンミツバチのQ&Aに寄せられた、おすすめのQ&Aをご紹介します。

最適な自宅設置場所を、巣門の方角等教えてください。

キンリョウヘンの花にかぶせるネットについての質問です。

ニホンミツバチのQ&Aは、全国の愛好家が投稿しております。京都ニホンミツバチ週末養蜂の会が、回答の内容を保証するものではないことをご理解ください。

おすすめ飼育日誌

ニホンミツバチのQ&Aには、飼育日誌を書くコーナーがあります。

毎日たくさんの楽しい飼育日誌が寄せられています。こちらで飼育日誌を書くと、全国の方が飼育方法をアドバイスしてくれるので、初心者の方もぜひ記録をつけてみましょう。

静岡でも、分封近そうです。
分蜂が近い地域が増えてきました!

Facebookページでも情報を発信しています

Facebookページでは、オススメのQ&Aやコラム、ミツバチの動画などを発信しています。
ぜひいいね!してください。

Facebookページ 週末養蜂家のニホンミツバチのおいしいはちみつ

メルマガの登録案内

このページは週末養蜂メルマガのバックナンバーです。メルマガの配信を希望される方は次のページをご覧ください。

=> メルマガ



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: