毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

2017年4月11日に配信された、メルマガのバックナンバーです。

京都府北部でも分蜂しました

4月8日(土)に、飼育群れから分蜂がありました。元々が大きな群れだったので、分蜂が早かったようです。
京都府といっても、日本海側の北部の地域で、今年は30cmを超える積雪が何回かありました。

関東以西では、どこで分蜂が起こってもおかしくありませんね。

分蜂マップには、日々たくさんの捕獲報告が寄せられています。ぜひご覧になってください。

分蜂マップ

分蜂時期、正しく知っていますか?

自分の地域の分蜂時期を、実際よりも遅いと思っている人が多いです。

電話で待ち箱ルアーをご注文される際に、「自分の地域は○月○日くらいから分蜂なので、まだ早い。それまで保存しておきたい」というような希望をおっしゃる方がおられますが、予想が遅い場合が多いです。

昨年の分蜂マップの最初の投稿よりも3週間以上遅いと思っている方もいます。

自分が見た分蜂が、その地域で最も早いということはまずありません。分蜂は、群れが大きかったり、巣箱の残りのスペース、周囲の蜜源などにも左右されます。

最初の分蜂を逃さないように、分蜂マップでしっかり確認してください。

今年の待ち箱ルアーの販売終了時期について

例年7月頃まで販売している待ち箱ルアーですが、今年は最短では5月20日頃に売り切れる可能性があります。

待ち箱ルアーの製造は3月末頃におおよそ終了されるのですが、3月末頃から予想を上回るペースで注文を受けています。

このため、夏分蜂に使う予定の方や、分蜂が特に遅い地域の方も、念のためにお早めにご注文ください。

待ち箱ルアーは未開封であれば、常温で数週間、冷蔵庫では数ヶ月以上、効果を失わずに保管できます。

待ち箱ルアー購入はこちら

おすすめQ&A

ニホンミツバチのQ&Aに寄せられた、おすすめのQ&Aをご紹介します。

こんばんは重箱の大きさについて質問します。
重箱式巣箱の最適な大きさとは?

四月五日に分蜂しました、第二回目の分蜂は(オス蜂が盛んに出入りしている)いつごろになりますか、教えてください。

ニホンミツバチで困ったことがあれば、ニホンミツバチのQ&Aで聞いてみましょう

おすすめ飼育日誌

ニホンミツバチのQ&Aには、飼育日誌を書くコーナーがあります。
毎日たくさんの楽しい飼育日誌が寄せられています。こちらで飼育日誌を書くと、全国の方が飼育方法をアドバイスしてくれるので、初心者の方もぜひ記録をつけてみましょう。

アカリンダニ感染群の推移をレポートします。

今日分蜂しました大群で。 残りがどの位いいるのか心配です。

メルマガの登録案内

このページは週末養蜂メルマガのバックナンバーです。メルマガの配信を希望される方は次のページをご覧ください。

=> メルマガ



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: