毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

2017年5月13日に配信された、メルマガのバックナンバーです。

分蜂ラストスパート!ついに青森でも分蜂報告が

分蜂報告が、ニホンミツバチ生息の最北端である青森からついに寄せられました。

5月12日 青森県 三戸郡南部町リンゴ放置園 さん

去年5月12日に分封群をリンゴの樹のうろに捕獲してちょうど365日目、
昼のオリエンテーションフライトが巨大な蜂雲になって7mほど離れたケヤキの切り株に集合しました。
30分くらいのあっという間でした。飼い蜂なので素手で巣箱に入れましたが、
さすがに中指を刺されました。

東北や北信越を中心に、最近でも毎日20件程度の分蜂報告が寄せられています。
今年は分蜂が昨年より1週間,2週間くらい遅かったようです。まだ捕獲できることを祈りましょう。

全国の分蜂の状況は、分蜂マップをご覧ください。

=> 分蜂マップ

また、ニホンミツバチの捕獲には、待ち箱ルアーの利用がオススメです。

待ち箱ルアー購入はこちら

全国の分蜂の状況、孫分蜂はどのくらいあるのか?

こちらは京都府北部からですが、分蜂マップを元に全国の分蜂状況の目安をご紹介します。

・東北北部
岩手や秋田の平野部で分蜂が始まったばかりです。青森では5月12日に初めて報告がありました。

・東北南部
4月末から報告が寄せられています。開始後まだ2週間程度なのでこれからも期待できます。

・北信越
4月末から報告が寄せられています。開始後まだ2週間程度なのでこれからも期待できます。

・関東、東海、近畿、中国、四国
分蜂のピークを過ぎていますが、まだ報告は続いています。

・九州
分蜂開始から2ヶ月近く経っており、平野部では少なくなっているようです。昨年の動向を見ると、近々、孫分蜂の報告が始まりそうです。

ところで、孫分蜂はどのくらいの割合あるのでしょうか?昨年の分蜂マップを見ると、6月に57件、7月1日以降に46件もの分蜂の報告がありました。1年では750件ですので、全体の15%程度は6月以降だったといえます。

これは、周りにどのくらいニホンミツバチの群れがいるのかにも影響されそうです。飼育群れがたくさんいれば、孫分蜂だけでなく逃亡群れも入りやすそうですが、飼育群れがいないと少し厳しそうです。

孫分蜂の捕獲するためのポイントというのはないのですが、巣箱を片付けずに待ち箱ルアーもそのまま付けっ放しにしておいてください。巣箱を片付けてしまう方がおられるのですが、特に撤去する必要がなければそのままにしておいたら入るかもしれません。また、待ち箱ルアーも、そのままつけておいてください。効果は45日間となっていますが、使用状況によって誘引成分の残留量は変わります。期限切れのものによってくることもあります。

待ち箱ルアーの効果についての注意喚起

最近新しく始められた方に「効果がある」という口コミの温度感が伝わらず、一人歩きしている現状がありましたので、補足する記事を書きました。
今後も製品の魅力が正しく伝わるように、また、一人でも多くの方がニホンミツバチを捕獲できるように努力していきたいと思います。

=> 待ち箱ルアーの「効果がある」の温度感はどのくらい?

また、記事中にも書いていますが、以前はたくさん捕獲できた場所が、全く取れなくなったり、ルアーやキンリョウヘンを用意しても全然ミツバチがこない地域もあります。こういった事例は、Q&Aや分蜂マップでも散見されます。

アカリンダニ等の影響が考えられますので、このような状況が見られたらお早めにご相談ください。アカリンダニは5年ほど前から被害が大きくなっており、最近始められたばかりの方や、インターネットを使われない方にはアカリンダニ自体や、対策方法についてご存知ない方もおられます。

全国各地の方が活発に情報交換されている、ニホンミツバチのQ&Aで質問として投稿されると、その地域の事情を知った人が答えてくれるかもしれません。

=> ニホンミツバチのQ&A

今年の待ち箱ルアーの販売終了時期について

今年は5月中になくなってしまいそうだった待ち箱ルアーですが、製造元の京都ニホンミツバチ研究所さんに少し追加で製造していただけることになりました。

待ち箱ルアーは未開封であれば、常温で数週間、冷蔵庫では数ヶ月以上、効果を失わずに保管できます。

45日の効果がありますので、今取り付けても孫分蜂までカバーできます。ぜひお早めにご購入ください。

=> 待ち箱ルアーの購入はこちら

おすすめQ&A

ニホンミツバチのQ&Aに寄せられた、おすすめのQ&Aをご紹介します。

自然樹洞巣はどんな所にありますか? 皆さんが見つけた樹洞巣について教えてください。

地面を這いまわる蜂について教えてください

ニホンミツバチで困ったことがあれば、ニホンミツバチのQ&Aで聞いてみましょう

質問は こちら (ユーザー登録が必要です。)

おすすめ飼育日誌

ニホンミツバチのQ&Aには、飼育日誌を書くコーナーがあります。
毎日たくさんの楽しい飼育日誌が寄せられています。こちらで飼育日誌を書くと、全国の方が飼育方法をアドバイスしてくれるので、初心者の方もぜひ記録をつけてみましょう。

自然入居の瞬間に初めて遭遇しました。(5月11日)

7月7日にアカリンダニ対策講座開催参加募集 知多半島と周辺の飼育者の方へ

メルマガの登録案内

このページは週末養蜂メルマガのバックナンバーです。メルマガの配信を希望される方は次のページをご覧ください。

=> メルマガ



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: