毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

2017年5月17日に配信された、メルマガのバックナンバーです。

奥会津ニホンミツバチセミナー

京都ニホンミツバチ週末養蜂の会が後援する奥会津での日本みつばちセミナーが今年も開催されます。2014年の第一回から早くも6回目です。
奥会津の豊かな自然と、秘湯の温泉を楽しむことができます。ぜひご旅行も兼ねてご参加ください。

今回は、入門コースが新設され、入門コース、セミナーの2つに分かれています。両方に参加することも可能です。

1) 入門コース
7月9(日) ~ 7月10日(月)
今年から新設された、入門コースです。

2) セミナー
7月10(月) ~ 7月11日(火)
これまでの5年間と同じようなものです。

詳しくは、セミナーのホームページをご覧ください。

=> 奥会津ニホンミツバチセミナー

分蜂ラストスパート! そろそろ夏分蜂も

分蜂マップには、まだ1日10件程度の報告が寄せられています。分蜂は減ってきているとはいえ、まだまだチャンスは残っています。そろそろ夏分蜂も始まりそうです。

全国の分蜂の状況は、分蜂マップをご覧ください。

=> 分蜂マップ

ニホンミツバチの捕獲には、待ち箱ルアーの利用がオススメです。
キンリョウヘンの花が終わってしまったかた、これから残りのチャンスにかけたいかた、ぜひご検討ください。

=> 待ち箱ルアー

全国の分蜂の状況、孫分蜂はどのくらいあるのか?

こちらは京都府北部からですが、分蜂マップを元に全国の分蜂状況の目安をご紹介します。

・東北北部
岩手や秋田の平野部で分蜂が始まったばかりです。青森では5月12日に初めて報告がありました。

・東北南部
4月末から報告が寄せられています。開始後まだ2週間程度なのでこれからも期待できます。

・北信越
4月末から報告が寄せられています。開始後まだ2週間程度なのでこれからも期待できます。

・関東、東海、近畿、中国、四国
分蜂のピークを過ぎていますが、まだ報告は続いています。

・九州
分蜂開始から2ヶ月近く経っており、平野部では少なくなっているようです。昨年の動向を見ると、近々、孫分蜂の報告が始まりそうです。

今年の待ち箱ルアーの販売終了時期について

今年は5月中になくなってしまいそうだった待ち箱ルアーですが、製造元の京都ニホンミツバチ研究所さんに少し追加で製造していただけることになりました。

キンリョウヘンの花が終わってしまったかた、これから残りのチャンスにかけたい方、ぜひご検討ください。

=> 待ち箱ルアー

おすすめQ&A

ニホンミツバチのQ&Aに寄せられた、おすすめのQ&Aをご紹介します。

お教え下さい。蜂が亡くなります。農薬かと思っていましたが?

探索蜂は巣を決めるまで何日ぐらいくるものなのですか?

質問はこちら (ユーザー登録が必要です。)

オススメの飼育日誌

ニホンミツバチのQ&Aには、飼育日誌を書くコーナーがあります。
毎日たくさんの楽しい飼育日誌が寄せられています。こちらで飼育日誌を書くと、全国の方が飼育方法をアドバイスしてくれるので、初心者の方もぜひ記録をつけてみましょう。

逃去防止の為にハチマイッター擬きを購入しましたが(*_*)

特殊な形状のトップバーを天井につけた待ち箱に入居したので・・・

メルマガの登録案内

このページは週末養蜂メルマガのバックナンバーです。メルマガの配信を希望される方は次のページをご覧ください。

=> メルマガ



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: