Q
セイヨウミツバチが増えるとニホンミツバチは絶滅の危機に晒されますか?
更新日: 2020年05月04日

セイヨウミツバチによって追いやられてしまいますが、絶滅までには至らないと考えられます

「セイヨウミツバチが増えるとニホンミツバチは絶滅の危機になる」、「以前はセイヨウミツバチの飼育者が多く、ニホンミツバチは絶滅の危機だったが、現在では回復傾向にある」という意見もあり、セイヨウミツバチを飼育するのに抵抗がある人もいるかもしれません。

確かに、セイヨウミツバチが飼育されている地域ではニホンミツバチが追いやられると考えられます。 しかし、セイヨウミツバチは野生化できないため、ニホンミツバチの生存域を日本中で脅かすほどではないと思われます。

以前は、セイヨウミツバチの養蜂家も多く、そのためニホンミツバチは人間が住む地域では減っていたそうです。確かに、人の住む地域で、セイヨウミツバチが高い密度で飼育されると、ニホンミツバチは餌となる花の蜜や花粉を彼らと奪い合うことになるため、数が減ってしまうでしょう。

しかし、日本の大半は森林に覆われており、人間が立ち入れない広大な土地があります。セイヨウミツバチは野生化できないので、そう言った土地はニホンミツバチしか住んでいないと考えられます。

このため、セイヨウミツバチを飼育する人が少し増えても、ニホンミツバチが日本からいなくなることはないでしょう。

セイヨウミツバチは農業での受粉用など活躍していますし、これからいなくなるということはありません。

また、セイヨウミツバチの養蜂家は、廃業・高齢化の問題があり、減っていっています。セイヨウミツバチの飼育者、ニホンミツバチの飼育者共に増える必要があります。

セイヨウミツバチ、ニホンミツバチの飼育者同士で対立することもありますが、うまくニホンミツバチとセイヨウミツバチで共生していけることを願っています。

関連するFAQ
同じカテゴリの投稿

ミツバチQ&A関連質問

ミツバチQ&Aは誰でも自由に質問、回答を投稿できます。ニホンミツバチでもセイヨウミツバチ、ハチミツに関することでも大丈夫。日本中の養蜂家と交流しましょう。ミツバチQ&Aへのサイトへ

おすすめの動画
目次