Q
薄いハチミツと濃いハチミツの色の違いの理由は?
更新日: 2020年05月04日

ハチミツは蜜源植物によって色が変わります。

薄い色のハチミツには、レンゲ、アカシア、リンデン、りんご、みかん、アカシア、クローバーなどがあり、濃い色の蜜になる栗や蕎麦などのハチミツがあります。どのような蜜源植物からニホンミツバチが蜜を集めたかでハチミツの色も変わるというのは神秘的ですね。

色の濃いハチミツは味にくせがあり、色の薄いハチミツはすっきりとした味わいで食べやすいものが多い傾向があります。

ニホンミツバチの場合はいろんな花から蜜を集める百花蜜なので、季節や地域によって味わいが異なります。

春先は薄く、秋になると濃い傾向があります。

関連するFAQ
同じカテゴリの投稿

ミツバチQ&A関連質問

ミツバチQ&Aは誰でも自由に質問、回答を投稿できます。ニホンミツバチでもセイヨウミツバチ、ハチミツに関することでも大丈夫。日本中の養蜂家と交流しましょう。ミツバチQ&Aへのサイトへ

おすすめの動画
目次