Q
ミツバチの飼育は住宅地でもできますか?
更新日: 2020年06月23日

ミツバチの飼育は住宅地では近所迷惑になる場合が多いため、熟練者以外は絶対に行わないで下さい。

日本蜜蜂の飼育ではわずかなスペースがあれば巣箱をことができますし、分蜂をのぞいてミツバチの出入りもあまり目立ちません。

このため、住宅地で飼育しようとする人がいますが、分蜂の騒ぎや、フン害など、様々なリスクがあります。

特に、ニホンミツバチの飼育の場合では、分蜂をコントロールせずに、ミツバチの好きなタイミングで分蜂させるので、分蜂のトラブルが起こりやすいです。

住宅地で起こるミツバチ飼育の近所迷惑については、詳しくは次のページで紹介しています。

近所トラブル対策

住宅地での養蜂はトラブルにつながります。苦情だけではありません。ニホンミツバチで起こりやすい近所トラブルと防止方法を紹介します。

住宅地ではミツバチを飼育することは難しいので、周囲に人が近づかない安全な場所で飼育してください。

自然が豊かな地域で、周囲に畑や田んぼ、林があるような場所で、来客や郵便配達などの人が近づかない庭先の一部や、畑の片隅などに巣箱を設置することができます。

関連するFAQ
同じカテゴリの投稿

ミツバチQ&A関連質問

ミツバチQ&Aは誰でも自由に質問、回答を投稿できます。ニホンミツバチでもセイヨウミツバチ、ハチミツに関することでも大丈夫。日本中の養蜂家と交流しましょう。ミツバチQ&Aへのサイトへ

おすすめの動画
目次