Q
夏の分蜂の捕獲に待ち箱ルアーを誘引に使えますか?
更新日: 2020年03月07日

夏の分蜂の誘引に待ち箱ルアーを使うことはできますが、費用対効果を考えるとおすすめできません。

春だけではなく夏にも分蜂が起こります。夏場にはキンリョウヘンは使えないので、待ち箱ルアーを使って夏の分蜂を誘引したいという質問をよくいただきます。

誘引はできますが、夏の分蜂は春と比べてもとても少ないため、費用対効果を考えるとあまりおすすめできません。

ミツバチQ&Aではその年の報告の9割が5月末までに投稿されます。6月以降はとても少ないのです。

夏分蜂というと、文字通り夏の7月や8月のことを指す場合が多いと思います。7月や8月になると分蜂は本当に少なくなります。

夏に捕獲できた分蜂は印象に残りやすく話題にもなりやすいので実際よりも数が多く感じます。しかし実際はそれほど多くないのです。

自宅に飼育している群れが大きく、夏場に分蜂しそうな場合や、確率が低いのはわかっていてもどうしても分蜂群れを捕獲したいという場合には、待ち箱ルアーを使うのもありでしょう。

分蜂時期の分蜂の推移などの情報は次のページをお読みください。

分蜂時期を逃さない

分蜂捕獲で最も大切なのは、分蜂の時期を逃さないことです。分蜂の時期に遅れると、捕獲の可能性は大きく下がってしまいます。正しい時期を知る方法をご紹介します。

関連するFAQ
同じカテゴリの投稿

ミツバチQ&A関連質問

ミツバチQ&Aは誰でも自由に質問、回答を投稿できます。ニホンミツバチでもセイヨウミツバチ、ハチミツに関することでも大丈夫。日本中の養蜂家と交流しましょう。ミツバチQ&Aへのサイトへ

おすすめの動画
目次