Q
ニホンミツバチはなぜ貴重なんですか?
更新日: 2020年08月21日

ニホンミツバチのハチミツは生産量の情報もなく、幻と呼ばれるほど希少です。

ニホンミツバチのハチミツは大変貴重です。平成30年のハチミツの自給率は、わずか6%です。(農林水産省資料より)

国産ハチミツは貴重ですが、国産ハチミツもほぼ全てが外来種のセイヨウミツバチのハチミツです。

ニホンミツバチのハチミツは、生産量の統計すらなく、実際にどのくらい生産されているかもわかりません。

スーパーなどで売られている蜂蜜はもちろん西洋蜜蜂のものです。世界各国のハチミツを取り揃えたハチミツ専門店でも、ニホンミツバチの蜂蜜を見つけることは難しいです。

ニホンミツバチのハチミツの多くが自分で食べたり、親戚や知り合いにプレゼントされて消費されていると考えられます。たまに道の駅で見かけることもあります。

独特の深い味わいから人気も高く、希少性から1gあたり10円から20円前後の高値で販売されていることが多いです。セイヨウミツバチの国産蜂蜜よりも何倍も高い値段です。

ニホンミツバチを飼育すると、こんな希少なハチミツが手に入るのは嬉しいですね。

ニホンミツバチの群れは意外と身近な存在ですが、入手は困難です。

ニホンミツバチは意外にも都市部に存在していて、東京や大阪の中心部でも巣が見つかります。また、ニホンミツバチが民家やお墓などに巣を作り、駆除されてしまうことも多いです。

私たちの京都府での飼育状況から、自然が豊かな場所では、1平方キロメートルに数群れ程度は生息していると推測しています。

しかし、ニホンミツバチは野生に住んでいるので、その群れを捕獲する必要があります。これはなかなか大変です。

このサイトで紹介しているように、空の巣箱を設置しておき、そこにニホンミツバチが引っ越してくるのを待つ必要があります。

また、熟練者であれば、民家などに作った巣を、巣箱に移して飼育することもできます。

群れの販売はほとんど行われていませんが、たまにネットオークションなどで5万円前後で販売されているのを見かけることがあります。

ただ、ニホンミツバチの群れにはもっと価値があると感じています。

ニホンミツバチを飼育すると、秋には5kgから10kgほどのハチミツが取れます。このハチミツだけで5万円以上の価値があります。群れ自体にも何万円もの価値はありますし、多くの飼育者がペットのような癒しや、生きがいをニホンミツバチから得ています。お金には変えられないと考える人も多いです。

最近ではニホンミツバチの飼育の魅力が広まっており、ニホンミツバチを飼育する人が増えています。このサイトで詳しく方法説明してますので興味がある方は次のページからお読みください。

飼育を始めたい方へ

ニホンミツバチの飼育を始めたい方のために、どのように、いつ準備すれば良いのかや、必要な準備物などを紹介します。週末養蜂家になりたい方はまずはこの記事を読んでください。

関連するFAQ
同じカテゴリの投稿
おすすめの動画
目次