お知らせ
2022年05月09日

青森で5/5に初の分蜂報告!

最北端の青森県からは5月5日にようやく分蜂報告が届きました。北信越、東北では分蜂が増加しています。

4月中旬から下旬は、連日100件を超える分蜂が分蜂マップに報告されていましたが、最近では好天でも50件程度になっています。

九州南部では開始から2ヶ月近く、九州北部でも1ヶ月半が経ち、分蜂が減少しています。この後、夏分蜂も起こりますので、数は減るものの報告が続きますが、九州では分蜂が8割、9割方終わったと考えてください。

本州太平洋側でも、分蜂のピークが終わり、報告が減少しています。

最新のお知らせ
目次