毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

日本蜜蜂を飼育するには、日本蜜蜂の生態について最低限の知識が必要です。巣箱製作や、蜂蜜の販売などの情報も紹介しています。

日本蜜蜂は在来種、野生の蜜蜂

日本蜜蜂は在来種の蜜蜂です

日本蜜蜂は、日本に昔から生息する在来種のミツバチです(注1)。木の洞(うろ)などの閉鎖的な空間に巣を作って生活しています。

つまり日本蜜蜂は、野生のミツバチなのです。誰かに飼われているのではなく、木の中などの空間を探して巣を作り、ハチミツを貯めているのです。

次の動画では、木の中にできた日本蜜蜂の巣の様子を紹介しています。

他にも、民家の屋根裏、床下、擁壁の中にできた空洞など、狭い入り口と閉鎖空間に巣を作ります。

注1. 日本蜜蜂は、朝鮮半島のトウヨウミツバチと遺伝的にほぼ同じこと、日本国内の地域による遺伝的な差が小さいことが研究からわかっています。また過去の文献などから、朝鮮半島から人間によって持ち込まれたとも推測できる記述があるため、朝鮮半島から持ち込まれて広がったという説もあります。

日本蜜蜂は、日本の大部分に生息している

日本蜜蜂は野生のミツバチとして、北海道、沖縄、一部の離島を除き、日本中に生息しています。

ネット上の愛好家の投稿等の情報をみていると日本蜜蜂が生息する離島も多いようです。

代表的な離島だと、奄美大島、屋久島、種子島、隠岐島、屋代島(周防大島)、小豆島などは生息しているようです。

ニホンミツバチの最南端は奄美群島、最北端は青森県は言われており、南から北まで大きく異なる気候の中で生活しています。

東北の山間部の豪雪地帯でも生息しており、寒さに強いと言えます。

日本蜜蜂は身近な存在。都市部にも生息している

日本蜜蜂は山の中に住んでいると思われるかもしれませんが、都市部にも生息しています。

日本蜜蜂は、住宅やお墓にもよく巣を作るため、ハチ駆除業者によって殺されてしまうことも多いようです。

東京の新宿御苑、大阪の大阪城の敷地内など、都会のど真ん中でも日本蜜蜂の自然巣が見つかっています。

ニホンミツバチは絶滅危惧種と言われることがありますが、意外と身近な存在です。

例えばホタルが山奥や清流などの一部の場所でしか見ることができないのに対し、ニホンミツバチは比較的どこにでもいる存在と言えます。

日本蜜蜂は比較的大人しい

ハチは刺すというイメージが強いですが、日本蜜蜂は比較的大人しく、多くの場合は巣に少し近づいたくらいでは刺されることはありません。

暖かい季節で健康な群れであれば大丈夫です。冬は攻撃的になります。

日本蜜蜂は一度刺すと死んでしまうので、むやみに人間を攻撃する理由はありません。

毎日巣箱を見に行って、頑張って働いている日本蜜蜂を見て元気をもらうという飼育者も多いです。

群れの性質や状態によりますが暖かい時期であれば、巣の入り口にいる日本ミツバチを指でつついても大丈夫です。(絶対に真似しないでください)

日本蜜蜂は受粉で大活躍

イチゴなどの野菜・果樹の多くがミツバチなどの昆虫の助けなしには実をつけることができません。

ハウス栽培のイチゴなどの、農業における受粉には、外来種のセイヨウミツバチが使われますが、野生の日本蜜蜂も様々な場面で活躍しています。

野山の樹々、草花や、家庭菜園で栽培されている野菜など、知らないうちに日本蜜蜂が受粉に貢献しているのです。

農薬によるミツバチの減少が問題となっています。飼育されている日本蜜蜂なら、事前に動かすなどの対策も取れますし、被害が発生した時も人間が発見することができます。

しかし、日本蜜蜂の大部分は野生で、木の洞などに巣を作っており、逃げることができません。

野生の日本蜜蜂が減少すると、庭の梅の木に実がならなくなったり、家庭菜園のナス・かぼちゃがならなくなったりと、その影響は自分たちに返ってきます。

日本蜜蜂を趣味で飼育する人も多い

日本蜜蜂を趣味で飼育する人も多い

日本蜜蜂を巣箱で飼育している方も多くいます。

都市部ではあまりないと思いますが、豊かな山や自然に囲まれた地域では、日本蜜蜂を飼育している方も多いです。

田畑に囲まれた田舎の家では、日本蜜蜂を飼育する場合にも近所迷惑の心配も少ないです。

また、日本蜜蜂を飼育すること自体は、簡単な届出を出せば問題なく、免許などの取得は必要ありません。(都道府県によっては条例によって蜜蜂の飼育条件を定めていますのでご確認ください。)

日本蜜蜂の飼育の障壁は意外にも低いのです。DASH村や金スマの一人農業などのテレビ番組で日本蜜蜂の飼育が紹介されたこともあり、日本蜜蜂の飼育者が増えています。

日本蜜蜂の養蜂では巣箱を自分で製作する

養蜂するには巣箱が必要です。日本蜜蜂の飼育では、巣箱を自分で製作する養蜂家が多いです。

日本蜜蜂の巣箱は、重箱式や丸洞式という、簡単な構成の巣箱を用いるため、日曜大工の感覚で十分に製作できます。

巣箱の図面や詳しい作り方は書籍やインターネットで紹介されているので、それを参考にして製作します。

このホームページでも、巣箱の詳しい作り方を紹介しています。

=> 重箱式巣箱の作り方

春に分蜂群れを捕獲する

日本蜜蜂は分蜂群れを捕獲する

製作した巣箱を春に設置し、そこに日本蜜蜂が入居するのを待ちます。

日本蜜蜂は春に巣分かれします。これを分蜂(ぶんぽう)と呼びます。

分蜂して巣を飛び出した群れは、新しい住処を探します。日本蜜蜂が巣箱に来てくれれば、中に巣を作ってハチミツを貯め始めます。

分蜂時期は、地域によって変わります。インターネット上に分蜂の報告を行う分蜂マップを運営しています。

分蜂の時期は分蜂マップで確認してください。

日本蜜蜂の飼育方法は?

重箱式巣箱を使う場合、ほとんどやることはありません。野生のミツバチなので、人間の手が必要ないのです。

野生の日本蜜蜂が勝手に巣を作っているような状態です。

日本蜜蜂を捕獲できてから勉強しても大丈夫です。

詳しい飼育方法は次のページで紹介しています。

=> 日本蜜蜂の飼育方法

2010年代から、アカリンダニというダニの対策が必要になっています。

日本蜜蜂の採蜜時期は?

日本蜜蜂の採蜜時期は夏から秋

重箱式巣箱では年に1,2回です。採蜜時期、回数は巣箱の形状によっても違います。

ハチミツの販売サイトでは、「日本蜜蜂は年に1回しかハチミツが採れない」と書いてあるところがありますが、厳密には誤りです。

採蜜時期は、ハチミツが貯まった夏、秋に行う場合が多いです。

真夏は暑いので、秋がもっとも多い時期です。

日本ミツバチのハチミツはとても貴重

ニホンミツバチのハチミツを食べたことがない人がほどんど。初めてニホンミツバチのハチミツを食べた人は、その濃厚な味に驚きます。

というのも、国産のハチミツといっても、それは外国から連れてきたセイヨウミツバチという外来種のミツバチから採れたハチミツばかりだからです。

ニホンミツバチのハチミツはハチミツ専門店でもなかなか販売されていません。

こんな貴重なハチミツが採取できるなんて夢があります。

自家製の日本蜜蜂のハチミツ、販売はできる?

ハチミツを販売するのは意外とハードルが低いです。農家が採れた野菜をそのまま売るのと同じように、単に瓶詰めするだけなら加工と見なされず、販売できる場合が多いです。

地域によっても対応は異なると考えられますので、保健所に問い合わせて指導を受けてください。

自然が豊かな場所では、趣味で10群れ、20群とたくさんの日本蜜蜂を飼育して、取れたハチミツを道の駅などで販売されている方もおられます。

私たちが採取したハチミツは、地元のカフェなどで販売していただいている他、ネットショップでも販売しています。

=> 日本蜜蜂の蜂蜜の購入はこちら

日本蜜蜂のブログ(飼育日記)はミツバチQ&Aへ

日本蜜蜂の飼育の様子、養蜂家がどのように飼育を楽しんでいるか知りたい人も多いと思います。

日本蜜蜂のブログをお探しの方は、ぜひミツバチQ&Aを訪問してください。

ミツバチQ&Aは、日本最大級の養蜂家向けコミュニティです。

ブログコーナー(ミツバチQ&A内では日誌)があり、日々たくさんの養蜂家の日記が投稿されています。

=> ミツバチQ&Aのブログコーナーはこちら

日本蜜蜂の飼育を始めてみませんか?

最近ではシニア層を中心に日本蜜蜂の飼育の人気が高まっています。

日本蜜蜂の飼育を始めてみませんか?

このホームページでは日本蜜蜂の飼育方法を詳しく解説しています。

=> ニホンミツバチの飼育を始めたい方へ



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: