ミツバチを襲うキイロスズメバチとオオスズメバチの対策方法

更新日:2021年08月15日

秋になると、スズメバチがニホンミツバチの巣のまわりにやってくることが多くなります。スズメバチは肉食ですので、働き蜂を捕まえて連れ去ったり、殺したり、巣の中に侵入して幼虫を連れ去ったりします。巣箱に近づいてくるのは、主にキイロスズメバチとオオスズメバチです。

特に対策は不要。キイロスズメバチ

体はオオスズメバチよりも小さく、巣の前を飛び回ってニホンミツバチの働き蜂を捕まえようとします。ニホンミツバチが威嚇すると、警戒してあまり近づきません。

キイロスズメバチは1匹ずつ地道にニホンミツバチを誘拐していきます。捕まったニホンミツバチは、肉団子にされてキイロスズメバチの餌になります。キイロスズメバチがやってきても、働き蜂が少し減るくらいで、群れ自体にはほとんど影響がありません。

キイロスズメバチは軒下などの高所に巣を作ります。最近、都市部などではキイロスズメバチが増えている地域もあるようです。知らない間に巣に近づいてしまい、人間が襲われる事故も多く発生しています。もっとも身近なスズメバチと言えます。

しかし、キイロスズメバチがニホンミツバチに与える脅威は少ないです。巣箱の外で働いている、高齢の働き蜂が多少犠牲になる程度です。特に対策をする必要はありません。

多数の養蜂の動画をYouTubeで公開しています。チャンネル登録で応援お願いします。 こちら

要警戒!群れを全滅させるオオスズメバチ

オオスズメバチは世界最強のスズメバチです。他のスズメバチと比べると、非常に大きく、羽音も低く、重い音がします。この音を聞くと背筋が凍ります。キイロスズメバチとは怖さが全然違います。

オオスズメバチはニホンミツバチの巣を集団で襲い、巣を占領します。そして、サナギを何日もかけて自分の巣に運んで幼虫の餌にします。

オオスズメバチは幼虫を育てるために大量の餌を必要とするため、ミツバチや、他のスズメバチの巣を集団で襲うことがよくあります。

次の動画は、網で覆う対策を行っていなかったために、オオスズメバチに占領されてしまった開放巣の様子です。

多数の養蜂の動画をYouTubeで公開しています。チャンネル登録で応援お願いします。 こちら

占領されてしまうとニホンミツバチは集団で逃げます。秋には、オオスズメバチに襲われて逃げた群れが巣箱に入ることがあります。

賢く、集団でニホンミツバチを襲うオオスズメバチ

オオスズメバチは、まず1匹で偵察にきます。

狙いを定めるとニホンミツバチの威嚇をもろともせず、巣箱に上陸します。ニホンミツバチはオオスズメバチが巣に来ると、籠城作戦をとり、中から出てこなくなります。

オオスズメバチは、フェロモンを使って他の仲間を呼びます。こうして、集団でニホンミツバチの巣を襲います。

また、巣箱の入り口付近や壁などを歩き回り、中に入れる場所がないか探します。

オオスズメバチも高い社会性を持っており、非常に賢い昆虫です。

オオスズメバチ対策のポイント

オオスズメバチ対策のポイントは、「オオスズメバチが巣箱の中に入れないようにすること」です。動画でポイントを紹介していますのでぜひご覧ください。

多数の養蜂の動画をYouTubeで公開しています。チャンネル登録で応援お願いします。 こちら

まず巣門の大きさを、ニホンミツバチは通れても、スズメバチは通れない大きさにします。

基本的に、巣門がオオスズメバチが入れない大きさであれば、オオスズメバチの被害は防ぐことができますが、オオスズメバチは巣門を強力なアゴでかじって広げて侵入を試みるので注意が必要です。

次の写真は、ミツバチQ&Aにオタクの蜂飼い さんが投稿されていた画像で、オオスズメバチにより巣門がかじられた時の様子です。上側をかじっているのが分かります。

今日は裏山に行ってきました。通年待ち箱を設置しているのですが、入り口の気になる巣箱が!!

薄い板の巣門であれば、何日もガリガリと削って侵入することがあります。このため、巣門を削れないように、金属を使うことが有効です。

さらに、オオスズメバチがかじるのは巣門の上側なので、私たちは巣門の上側が金属になった鉄製台を利用しています。

このような万全の体制で、オオスズメバチの侵入を防げれば、ニホンミツバチがオオスズメバチにやられることはありません。オオスズメバチも諦めていなくなります。

京都ニホンミツバチ週末養蜂の会の活動地域のように、オオスズメバチがそれほど多くない地域では、これでオオスズメバチの被害はほとんど防げると思います。

オオスズメバチは養蜂家から見ると憎い存在ですが、生態系の中で重要な役割を担っており、害虫も食べます。なるべく殺さずに共存していきたいものです。

オオスズメバチが特に多い場合におすすめは粘着シート

オオスズメバチが特に多い地域や、自宅前などで飼育していてオオスズメバチが飛び回ると困るときにおすすめなのは粘着シートです。

襲ってくるオオスズメバチを効果的に捕獲することができます。次の動画で実演しています。ぜひご覧ください。

多数の養蜂の動画をYouTubeで公開しています。チャンネル登録で応援お願いします。 こちら

スズメバチ対策として「ペットボトルトラップ」がよく知られていますが、これは秋のオオスズメバチ対策にはなりません。

ペットボトルトラップとは、ペットボトルに切れ込みを入れて、ジュースなどの誘引液で呼び寄せるものですが、オオスズメバチがニホンミツバチを襲いにくると、ペットボトルトラップには目もくれず巣を襲います。

ジュース、すなわち糖分が少し含まれた液体よりも、何千匹ものサナギがいるニホンミツバチの巣の方が、餌場としてはるかに魅力的だからです。

他にも、ペットボトルトラップは、匂いでスズメバチを養蜂場に誘引してしまったり、ミツバチを襲いにくるのとは関係ないスズメバチも殺してしまいます。

自然巣をオオスズメバチから守る方法

ニホンミツバチは、木の中の空洞、民家の床下、天井裏、石垣の中など、いろいろなところに巣を作ります。

野生の巣は出入り口が大きいことも多く、オオスズメバチにやられることが多いです。ニホンミツバチが通れて、オオスズメバチが通れるところがないなんて、完璧な出入り口は自然界にはなかなか存在しません。

オオスズメバチが中に入れないようにすれば、被害をほとんど防ぐことができます。

木の中にできた群れを守るため、金網を取り付けてみました。取り付けた2日後にはオオスズメバチがきていて、あと少し遅ければやられていたかもしれません。

多数の養蜂の動画をYouTubeで公開しています。チャンネル登録で応援お願いします。 こちら

オオスズメバチの焼酎漬けにして活用!

場所によっては、びっくりするほどたくさんのオオスズメバチがニホンミツバチの巣を襲いにやってきます。

巣箱の周りをブンブン飛び回るので、止むを得ず殺すしかないこともあります。

実は、オオスズメバチの成虫を利用する方法があります。それが、オオスズメバチの焼酎漬けです。

オオスズメバチのエキスを摂取することで、嘘か本当か分かりませんが、疲労回復や滋養強壮に効果があると言われています。

たまに売られていることがありますが、かなりの高値です。

作り方を紹介する動画を撮影しました。興味がある方はぜひ作ってみてください。

多数の養蜂の動画をYouTubeで公開しています。チャンネル登録で応援お願いします。 こちら

スズメバチの動画をご紹介

他にも、スズメバチに関する動画を公開しています。ぜひお楽しみください。

多数の養蜂の動画をYouTubeで公開しています。チャンネル登録で応援お願いします。 こちら多数の養蜂の動画をYouTubeで公開しています。チャンネル登録で応援お願いします。 こちら
おすすめの商品
同じカテゴリの投稿
人気の投稿
関連するFAQ

ミツバチQ&A関連質問

ミツバチQ&Aは誰でも自由に質問、回答を投稿できます。ニホンミツバチでもセイヨウミツバチ、ハチミツに関することでも大丈夫。日本中の養蜂家と交流しましょう。ミツバチQ&Aへのサイトへ

おすすめの動画
目次