Q
ニホンミツバチは山の中で飼育するのが一般的ですか?
更新日: 2020年03月11日

テレビや雑誌で紹介される日本ミツバチの養蜂は、秘境と言ってもいいような、かなりの山奥で飼育されていることが多いです。山の中でないと飼育できないと思っている方もいると思います。

しかし、日本蜜蜂は平野部で飼育できます。ニホンミツバチは東京都内や大阪市内にも生息しており、十分な蜜源があれば、どこでも生息することができます。

また、一見自然豊かに見える山でも、日本の大部分の山には植林が行われており、蜜を集める植物がない場合が多いです。このため山の中に巣箱を置くメリットもあまりありません。

山の中にまで巣箱を運ぶのは大変ですし、山の斜面では採蜜などの作業も行いにくいです。普通の民家の庭先や畑などの隅に置くのが良いでしょう。

私たちが活動する京都府北部も、8割くらいが山で森林が多い地域ですが、山の中に置いているという巣箱はほとんどありません。

ニホンミツバチは最大2kmほど飛行すると言われており、遠くの雑木林に蜜源があれば飛行して蜜を集めにいきます。

関連するFAQ
同じカテゴリの投稿

ミツバチQ&A関連質問

ミツバチQ&Aは誰でも自由に質問、回答を投稿できます。ニホンミツバチでもセイヨウミツバチ、ハチミツに関することでも大丈夫。日本中の養蜂家と交流しましょう。ミツバチQ&Aへのサイトへ

おすすめの動画
目次