毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

ミツバチがかわいい?一般的には怖い存在と思われているミツバチ。しかし、ニホンミツバチの飼育者はペットのようにかわいがっています。

ミツバチのことを思うあまり、ハチミツを採ることをやめる人もいます。

はたから見ると本末転倒ですが、どうしてこんなにかわいいのでしょうか?

日本ミツバチはかわいいペットのような存在

なぜ日本ミツバチを飼育するのか?それはもちろん、ハチミツを採るためで、それ以上でも以下でもないと思っている人も多いでしょう。

しかし、多くの養蜂家は、日本ミツバチ をとても可愛がって飼育しています。実際に、養蜂をされている方に、日本ミツバチはどのような存在ですかと尋ねると、「家族」「ペット」「かわいい」という答えが返ってきます。

たまに刺されてしまうこともありますが、刺すから怖いと恐怖心を持っていてなるべく巣箱に近づかないでおこうという人は少ないです。

多くの養蜂家が、巣箱の前に頻繁に行って、特に何もせずに活動を見守っています。

日本ミツバチの巣箱を見つめるのがそんなに楽しいかと不思議に思うかもしれません。楽しむことが目的というよりも、元気や癒しを得ることができます。

ある日本ミツバチの愛好者の方の声を紹介します。

自宅の庭に4群置いており毎日が日本ミツバチを中心に回っています。毎日眺めながら日本ミツバチから最大の癒しと元気を頂いております。

多くの人が、蜂を怖い存在だと思っているので、頑張っている日本ミツバチを眺めると癒されるという感覚が一番ピンとこない点だと思います。
愛好家はまさにペットのように日本ミツバチを可愛がっているのです。

頑張っているのにかわいそうだから、ハチミツはとらない

中には、かわいそうだからハチミツは採らないという人もいます。

毎日、頑張って日本ミツバチが働いている様子や、外敵から巣を懸命に守っている姿を見ると、ハチミツを採るのがかわいそうになってしまうのです。

「え、養蜂ってハチミツを取るためにするんじゃないの?」と驚く人もいるでしょう。確かに、聞いただけなら本末転倒な気もします。

この話は、養蜂を通してハチミツ以外にいかに色々なものを得ることができるかを物語っています。

このような愛情が生まれるのには、日本ミツバチが大人しくほとんど刺すことがないという点が挙げられます。日本ミツバチは、観察するだけなら刺されることはほとんどありません。

よく思われているような、人を見るとすぐに襲ってくる蜂と、それから必死で身を守るという養蜂家というイメージではないのです。

日本ミツバチは温厚なので、刺されにくい

日本ミツバチは癒しと元気をくれるかわいい存在

あなたは、そんなかわいい日本ミツバチの生活の様子を間近で見たことがありますか?

日本ミツバチは花の蜜や花粉をたくさん集めて帰ってきます。よいしょっ!または、おっとっと!!というように巣箱の近くに着地します。集めた花粉や蜜の重みもあるのでしょうか。意外とスッと着地してすんなり巣箱に入る日本ミツバチは少ないのです。多くの日本ミツバチは着地した後は、テクテクよちよち歩いて巣に入るのです。

こうした日本ミツバチの頑張りに元気をもらうという方も多いです。

巣の入り口には、花の蜜や花粉を集める日本ミツバチ以外にも、様々な役割のものがいます。巣箱の中を換気するために、ひたすら巣箱の中に風を送る係りの日本ミツバチ、外敵の侵入を防ぐ門番、サボっているようにしか見えないものも。

また、カマキリやカエルなど、様々な外敵が日本ミツバチを食べるために集まってきます。実際には、多少の犠牲は群れには影響しないので、少し食べられても問題はないのですが、気になってついつい巣箱を見に行く愛好家も多いです。

日本ミツバチは、まさしくペット

巣箱見学に訪れる方も、子供たち、ママ、お父さんも、最初はこわごわ遠巻きに覗いていますが、次第に日本ミツバチが怖くないということがわかると巣箱へ近づいていくのです。巣箱を出入りする蜂の姿をみると、一様に「えー!!か!かわいい!!」と口にされ、よちよち歩く姿や、日本蜜蜂同士でぶつかってしまう姿を長い間微笑んで見ておられます。

蜜蜂の、巣を掃除する姿や、何かの原因で先立った仲間を少し遠いところへ歩いて運ぶ姿、飛行訓練にでるときなどに遭遇できると、それは見物なのです。観察されると、最後にはだいたいの方が、なんだか、日本ミツバチってペットのようですね!とおっしゃるのです。中には、炎天下の中を親子で日本ミツバチの様子を見学し、「癒された!」といって帰って行かれる方もおられます。

日本ミツバチには、人を惹きつけるかわいさがあり、蜜蜂談義に花が咲き人の輪が広がります。日本ミツバチの飼育にハマる人がたくさん出てきています。それは、ハチミツが取れるとか、環境保護などの理由もありますが、それ以外も楽しさ、癒しを得るなどのペットとしての要素も大きいのです。

日本ミツバチがいなくなったら寂しい

日本ミツバチの群れの調子が悪くなって、どこかに引っ越してしまったり、群れが消滅してしまうことがあります。

数群れ程度を自宅前で飼育する場合は、1群れもいなくなることはそう珍しくありません。

いなくなってしまった時に「今年はハチミツはお預けか」というのもありますが、「いなくなって寂しいな」という感情が強いです。

次の春に、日本ミツバチを捕まえるまで、日本ミツバチがいない状態が続きます。一度いなくなってしまったら、日本ミツバチをどうしてもまた捕獲したいと思って頑張る人が多いです。

日本ミツバチの飼育を途中で辞める人は少ないという印象があります。ペットのような感情を持っていることも理由の一つでしょう。

養蜂の楽しさや、採れるハチミツはもちろん、やめてしまうとかわいいニホンミツバチに会えないので、寂しくなってしまうのです。

日本ミツバチを飼育してみよう

最近では、日本ミツバチを飼育する人が増えています。それは、日本ミツバチからおいしいハチミツが取れるだけでなく、このページで紹介しているようにペットのように可愛いからです。

日本ミツバチを飼育する人の多くが60代以上の男性です。普段、あまりハチミツは食べない層ですし、ハチミツだけが目的なら、買ってこれば済む話です。

それでも熱中する人が多いのは、日本ミツバチの飼育自体が楽しいのです。日本ミツバチを飼育することで、ハチミツ以外にも多くのことが得られ、人生がより豊かになります。

このホームページでは、日本ミツバチの飼育方法をこれから始める方向けに優しく解説しています。ぜひ、次のページをお読みください。

=> ニホンミツバチの飼育を始めたい方へ



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: