毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

ニホンミツバチは思ったよりも簡単に飼育できます。飼育目的だけではなく、癒しや、人とのつながりなど、多くのものを得ることができます。ニホンミツバチの飼育を始めて、新たな生きがいを見つけ、生き生きとした毎日を送っている方がたくさんいます。

まずは第一歩、簡単に始める方法


ニホンミツバチの飼育の方法はあまり知られていないだけで、方法自体は難しいものではありません。定年退職された方、地方移住者から学生まで、ごく普通の方が飼育されています。趣味で養蜂を行うことは特別なことではなくなってきています。

ここで紹介しているのはニホンミツバチの飼育方法の中でも、できるだけ自然のままに飼育する、手のかからない方法です。ニホンミツバチが巣箱に入った後はほとんど何もしなくても飼育ができるような、もっとも初心者向けの方法を解説しています。

その1 週末養蜂スタートキットを準備する

ニホンミツバチの飼育を始めるにあたって色々と準備が必要ですが、低コストではじめたい方のために、ニホンミツバチの捕獲に必要なものが一式揃ったスターターキットがあります。高額なグッズを買う前に、まずはここから始めることをおすすめします。

スターターキットの内容

  • ミツバチ捕獲用 重箱式巣箱
  • 日本ミツバチの蜜蝋
  • 分蜂群誘引のための待ち箱ルアー
  • 養蜂の教科書(DVD付き)

スターターキットの購入はこちらから

その2 巣箱を作る、設置する

ニホンミツバチの飼育は、まず、巣箱を作るところから始まります。そして、春の分蜂時期に巣箱を設置して、ニホンミツバチが入居するのを待ちます。春は新しい女王蜂が生まれ、元の女王は群れの半数を連れて新しい巣を探しているためです。この時期、群れを捕獲できれば、飼育を開始することができます。オリジナルの巣箱で、ニホンミツバチを捕獲するところに、大きな喜びがあります。

巣箱の設置場所は人通りが少なく、畑等の広い空間が良いでしょう。ご近所トラブルを避けるため、住宅密集地での飼育は避けましょう。

日本ミツバチが好む場所

  • 見晴らしがよい
  • 温度変化が少ない
  • 強い日差しや風があたらない

ミツバチは前にも巣があった場所を好むため、中古の巣箱または、蜜蝋を塗って中古の巣箱だと錯覚させましょう。ミツバチを引き寄せるために、キンリョウヘンの花または、待ち箱ルアーを設置しましょう。

その3 ミツバチを捕獲する

ニホンミツバチは春に捕獲します。


ニホンミツバチの入居の瞬間(待ち箱ルアー利用)

養蜂で1番難しいことはミツバチの捕獲です。準備次第ですぐに捕獲できる人と、なかなか捕獲できない人と両極端に別れます。ニホンミツバチの捕獲はそう簡単ではありません。しっかりとした準備の上に、運が必要です。

捕獲できる可能性を大幅にあげることはできます。教科書やQ&Aサイトでしっかり知識をためて準備しておきましょう。

養蜂の教科書(DVD付き)
養蜂について何でも質問、ミツバチQ&A

ここでもいくつか捕獲テクニックをご紹介します。

ミツバチの捕獲テクニック

  1. 巣箱は最低3つ用意しよう
  2. 巣箱の設置場所は3ヶ所以上を試してみよう
  3. ニホンミツバチの蜜蝋が30g以上あると尚よい
  4. 待ち箱ルアーは巣箱と同じ数を用意する

テクニックについて詳しくはこちら

よくある質問

1. 周りに花畑がないし、養蜂なんて無理?
ニホンミツバチは、雑草や山の木からもたくさんハチミツを集めます。
また、最近は都市部での養蜂が世界的に注目されています。都市部では、公園や花壇などの花や、さらには缶ジュースの飲み残しなどを集めているようです。

2. 面布・手袋はいつから必要?
捕獲用の巣箱を置いて、そこにニホンミツバチが入ってくるのを待つだけならば、ニホンミツバチ触ることもなく、刺される心配もまずありません。
入居した後に、乱暴に扱うと刺される場合もあります。面布などの防具はニホンミツバチを捕獲してからでも準備は間に合います

3. はじめるのに高いお金がかかりますか?
ニホンミツバチの飼育は、数千円、数万円から始めることができます。
巣箱を手作りして、野生の群れを捕まえるので、群れの購入が必要ありません。巣箱も手作りする人が多く材料費だけならとても安いです。

4. 土地が広くないとできませんか?
田舎の家の庭や、畑などの他人が近づかない場所に、1メートル四方程度の巣箱を置く場所と、巣箱の前にある程度の空間があればよいです。果樹が植えてある場所があれば、果樹の下などでも良いです。

養蜂家の声

シニアの川柳に「起きたけど、寝るまで特に、用はなし」とあります。私の場合も毎日が日曜日でまさにその生活が続いていました。飼育後は人生が驚くほど変わりました。毎日がニホンミツバチを中心に一日が回り、毎日眺めながら最大の癒しと元気を頂いております。"

ミツバチの可愛いしぐさに癒されるのは私だけでしょうか。これからニホンミツバチに興味を持たれ飼育を始めようと思っている方は是非、チャレンジして下さい。ミツバチの事以外にも色んなことを学び、いろんな人との出会いも生まれますから。

これであなたも養蜂家の仲間入りです。さっそくはじめてみましょう。

=> 養蜂を始める



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: