毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

ニホンミツバチを趣味で飼育する場合も、養蜂振興法に基づき届け出が必要です。以前はニホンミツバチの趣味の飼育については必要なかったのですが、平成25年1月1日に養蜂振興法が一部改正され、必要になりました。

あくまで届け出であり、国や行政機関による許可や免許が交付されるというものではありません。飼育届けを出しておくと、病気が発生した場合に手助けしてくれるなどのメリットもあります。

養蜂振興法とは

農林水産省のホームページには、
「蜜源をめぐるトラブルの発生防止、適切な飼育管理による蜂病のまん延防止等が重要な課題となっています。このため、蜂群配置の適正の確保及び防疫の迅速かつ的確な実施を図るために、、、」と少々難しい説明がされています。

簡単にいうと、飼育者が同じ場所に集中するとミツバチたちが花の蜜を奪い合うため、あまりハチミツが採れなくなってしまいます。

これは養蜂業者にとっては大きな問題で、養蜂者同士のトラブルにつながります。このため、各養蜂業者が飼育場所を申告することで、適正な場所にミツバチを配置する目的があります。

また、ミツバチの病気の対策も大きな目的の一つです。病気の検査を行い、万が一発生したときには蔓延を防ぐために情報を飼育者に伝えるために、行政がミツバチの飼育情報を把握しておく必要があります。

こういった目的から、以下のような項目を法律で定めています。

  • 蜜蜂飼育者の都道府県に対する届出義務
  • 転飼養蜂(県域を越える蜂群の移動)の許可制
  • 蜜蜂の適正な管理
  • 蜜源植物の保護増殖の努力義務

なお、この法律上はニホンミツバチとセイヨウミツバチは区別していませんが、暗黙的にセイヨウミツバチを想定されている場合も多いです。

これは、ニホンミツバチを飼育する人はほとんど趣味で行っており、産業目的で飼育する人がほとんどいないためと考えられます。

しかし、区別されていないため、ニホンミツバチであっても、セイヨウミツバチであっても、この法律に従う必要があります

趣味のニホンミツバチでも、原則的には飼育届は必要

平成25年1月1日に改正されるまでは、業ではなく、趣味で飼育する場合なら届け出は不要でした。

趣味での飼育も飼育届が必要になったため、趣味で飼育されていたニホンミツバチも飼育届が必要になりました。(繰り返しになりますが、法律ではニホンミツバチとセイヨウミツバチは区別されていません)

そのため、昔からニホンミツバチを飼育されている方の中には、届け出が不要と思っておられる方もいるかもしれません。

改正後は、原則的には、ニホンミツバチでも飼育届が必要になっています。近所の熟練者の方が知らない場合もあります。その場合は教えてあげてください。知らない間に法律を破らないように気をつけてください。

趣味のニホンミツバチの飼育で、飼育届けが不要な場合

非常にややこしいのですが、ニホンミツバチを重箱式巣箱、角洞式巣箱などの場合は、飼育届は不要な場合があります。

農林水産省が公開している、改正養蜂振興法についてのQ&Aという資料があります。

これを見ると、都道府県によっては、ニホンミツバチを重箱式や角洞式巣箱などで飼育し、ハチミツを販売しない場合は、届け出が不要なこともあると言えます。

(問5)法第3条第1項の「届出を要しない者」とは、どのような方ですか
③反復利用可能な蜂房(巣礎または巣脾を備えた可動式巣板)を用いずに )蜜蜂を飼育する者であって都道府県知事が認める者(問8参照)を届出義務の対象外としました。

(問8)反復利用可能な蜂房を利用しない場合、届出は不要ですか。
(答)
1 反復利用可能な蜂房を利用していない場合であって、かつ、お住まいの都道府県が防疫及び蜂群配置調整上支障がないと認めた場合に限って届出不要となります。反復
利用可能な蜂房とは、巣礎または巣脾を備えた可動式巣板をいい、いわゆる「自然巣洞 「重箱式」等の飼育方法はこれにあたりません。

都道府県が認めた場合に飼育届が不要ですので、自己判断せずに飼育届の提出窓口で必ず確認を行ってください。

私たちはハチミツを少し販売しているので、届け出は必要ですし、届け出ています。また、巣枠式巣箱でニホンミツバチを飼育されている方も、飼育届が必要です。

飼育届の窓口は、各市町村にあります

飼育届の窓口は、自分が住んでいる都道府県を通して行います。各都道府県が窓口を用意しています。「みつばち飼育届 京都」などのように、都道府県名と一緒に調べてください。

例えば、京都府では次のページで飼育届の方法を解説しています。
蜜蜂飼育届の提出について | 京都府
京都府では、住所地の市役所、町村役場を通じて行なうことになっており、私たちは市役所に提出しています。

また、1月31日までに、年内に飼育を予定している人も含めて飼育届を出す必要があります。

ただ、ニホンミツバチをこれから始める場合、その年に捕獲できるかどうかもわかりませんので、捕獲した後に届け出を行っても実際には問題はない場合が多いようです。

実際にはどのくらい飼育届が出されているのか

農林水産省の資料をみると、趣味の飼育者の届出が必要になった後も、届出した養蜂家の数はあまり増えていません。

平成24年の蜜蜂の飼育戸数は5,934戸です。平成27年の蜜蜂の飼育戸数は9,567戸で、3600程度しか増えていません。

日本では養蜂家の大半が趣味であると推測されますので、届出を行なっていない飼育者もたくさんおられるようです。

これは、セイヨウミツバチ、ニホンミツバチ、共に当てはまります。法律で定められていますので、必ず届出を行なってください。

趣味の飼育が許可されないことはある?

ニホンミツバチの趣味での飼育許可がおりない事例はほとんどないと思われます。

法律の目的として、蜜源の適切な管理がありますので、すでにその付近に多数の巣箱を設置している人がいるところに、多数の巣箱を設置しようとした場合などは許可が降りない可能性があります。

自宅周辺で数群れ飼育するくらいなら、許可されないという心配は必要はないです。

条例も確認しましょう

養蜂振興法は、法律であるため、日本全国に適応されます。加えて、条例として、都道府県や市町村がミツバチの飼育について定めている場合があります。

有名なのは、大阪府蜜蜂の飼育の規制に関する条例で、この条例によって蜜蜂の巣箱は、住宅地・学校・工場・道路・公園等、人が常時出入り・通行・集合する場所から、20メートル以上離れた場所に置くことになっています。(飼育条件によるようです)

大阪府での蜜蜂の飼育について | 大阪府

ミツバチの届け出を出す際の窓口で担当者に聞いたり、インターネットで自分の住む行政区のミツバチについてのルールを調べるとよいでしょう。

マナー、モラルを守ることは、飼育届や許可以前の問題

ニホンミツバチの飼育に当たっては、養蜂関連以外の法律も守るようにしましょう。

ニホンミツバチの飼育者の中には、公共の土地に勝手に巣箱を設置する人もいます。これは、もちろん、他人の土地を占有していることになり法律に違反します。

また、飼育の注意1. ご近所トラブルを避ける でご紹介しているように、ミツバチの糞害の問題、分蜂で、トラブルが起こることもあります。マナー、モラルを守ることは、法律を守る以前の問題です。特に、住宅が近い地域で養蜂される方は、十分に気をつけてください。

最近では、趣味で飼育する人が都市部でも増えてきているようです。現在の法律では、都市部や住宅地で趣味で養蜂することがあまり想定されていません。

このため、都市部や住宅街での養蜂自体は違法ではありませんが、ご近所付き合いや近所迷惑を考える必要があります。

マナーを守らない飼育者が増えると、飼育自体を禁止するような法律ができ、養蜂が行いにくくなることも大いに考えられます。

ニホンミツバチのQ&Aで聞いてみよう

ニホンミツバチQ&Aでは、全国の経験者が初心者の相談に乗ってくれます。

すでに数千もの質問が投稿されており、読むだけでニホンミツバチの飼育について多くのことを学ぶことができます。

質問や回答の投稿には、ユーザー登録が必要です。ニホンミツバチのQ&Aの質問一覧は、こちらから。行政の対応は地域によって若干違う場合がありますが、ミツバチQ&Aには全国の養蜂家がいます。

ニホンミツバチのQ&Aには、飼育届けタグがあり、飼育届けについての質問を一覧で見ることができます。また、次の質問が参考になると思います。



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: