アカリンダニと、メントールによる対策方法

更新日:2021年05月17日

アカリンダニの対策として、メントールの処方が広く行われています。メントールの対策は、もともと海外でセイヨウミツバチのアカリンダニ被害が発生した際に用いられたものです。ニホンミツバチでも有効であることが分かっています。

アカリンダニとは

2010年に長野で発見された後、急速に日本各地に広がったアカリンダニ症では、大きな被害を受けた地域もあります。アカリンダニの診断方法や発生地域などは、前田太郎先生のホームページ、守ろう!ニホンミツバチプロジェクト内で詳しく説明されています。

前田先生はアカリンダニ研究で著名です。京都ニホンミツバチ研究所と共催している京都ニホンミツバチ養蜂研究会でも、前田先生に講演していただきました。最も信頼できるホームページです。

アカリンダニ症は、2010年に長野県で初めて報告されたのち、あっという間に日本中に広がってしまいました。

人為的な巣箱の移動により、拡散が加速した可能性があります。群れの長距離移動はアカリンダニ症等の病害虫の被害を広める恐れがあります。

2021年現在のアカリンダニの分布

アカリンダニは日本全国で広く分布しています。

最初に発見されたのは2010年の長野です。初期は中部地方や関西、関東などが中心に被害が出ていたようで、京都でも2010年代前半に大きな被害が発生しました。その一方で、九州や離島など未侵入地域もありました。

しかし、2021年現在ではアカリンダニが進入していない地域はほとんど残っていないと考えられます。

アカリンダニに寄生されたニホンミツバチの群を人の手によって長距離移動させたために、急速に全国へ広がったと考えられています。

アカリンダニの被害状況をリアルタイムで知る手段はなく、どこでどのくらいの被害が発生しているのかは、はっきりとはわかりません。

しかし、アカリンダニが発生している地域がほとんどですので、アカリンダニの対策を行うことをお勧めします。

メントール対策の方法

ここでは、メントールの対策についてご紹介いたします。

メントールは食品添加物として使われており、危険性は低いものですが、日本の法律ではメントールをアカリンダニ対策として用いることは厳密には違法です。

また、メントールの使用方法を間違うと群れが全滅することもあります。メントールを正しく利用してください。

実施については、正しい情報を得た上で、自己責任で行なっていただくよう、お願いいたします。

メントールの購入先は?

メントールはどこで買えば良いのでしょうか?メントールは、食品などに使われる身近な物質です。他にも利用用途があります。このため、楽天やアマゾンなどで購入することができます。「メントールクリスタル」で検索すると、たくさんの製品を見つけることができます。

「薬局で買えるのか?」という問い合わせがありますが、残念ながら実店舗ではなかなか見つけるのは難しい商品です。インターネットネットで購入されるのをオススメいたします。

メントールを固形化する

粉状のメントールを巣箱に入れる場合、茶袋に入れるなど飛び散らない工夫が必要になります。また、シャーレなどの容器に入れてスノコの上に置くと蜂が撒き散らす事もあります。

固型に加工して入れる事でこれらの問題は解決します。次の動画に、メントールの固形化の方法を紹介しています。メントールを一度溶かして、固めています。

多数の養蜂の動画をYouTubeで公開しています。チャンネル登録で応援お願いします。 こちら

メントールは結晶状態から、空気より重いガスになりますので、重箱式巣箱の場合は、上部に設置するのが効果的です。

このため、スノコの上のスペースにメントールを置くと効果を得られやすくなります。

スノコは、元々採蜜がしやすいということが理由で設けられてきましたが、アカリンダニ対策も考えると、スノコは重箱式巣箱に必須の構造となっています。

多数の養蜂の動画をYouTubeで公開しています。チャンネル登録で応援お願いします。 こちら

重箱式以外の巣箱や、重箱式巣箱でスノコがない場合

アカリンダニ対策で重要となるのがメントールを巣箱内の上部に設置することです。

メントールが気化したガスは空気より重いため、巣箱上部にメントールを置くことが大事です。

スノコの構造になっていない場合、巣箱の入り口にメントールを置いて小型扇風機で風をおこし、メントールのガスを巣箱内に行き渡らせます。小型の扇風機には、虫除け用のどこでもベープなどを流用して使えます。

しかし、下から風で送る方法ではうまく行かないことも多いようです。

すでに入居している巣箱は仕方ありませんが、新しいものはすべてスノコ付きの構造に変更することを強くおすすめします。

ニホンミツバチの愛好者は、様々な巣箱を利用しています。巣枠式、重箱式、角洞、横洞、丸洞など、様々です。

さらに同じタイプだとしても、巣箱の構造がそれぞれ異なります。それぞれの巣箱で適した箇所にメントールを設置しないと、効果が得られません。

使い方がよくわからない方は、ミツバチQ&Aで質問して、正しい使用方法を相談されるのをオススメします。

メントールは予防的な側面が強い

メントールは、アカリンダニに寄生されたミツバチから別のミツバチにアカリンダニが移るのを妨げる効果であり、すでに寄生されたミツバチを治療するものではありません。

このため、アカリンダニが群れ全体に広がってしまった群れに、メントールを入れても、すぐにアカリンダニがいなくなり症状が改善するということはありません。

繰り返しになりますが、メントールはニホンミツバチの気管内にいるアカリンダニを殺すわけではないので、予防的な処置と言えます。

このため、アカリンダニ発生地域では、分蜂群れ捕獲後の群れの状態が安定しメントールによる逃去の心配がなくなった時からメントールを巣箱内に入れておき、アカリンダニの発生を予防するのが効果が得られやすいです。

アカリンダニの症状が出た後のメントールの利用の効果

すでに目に見える症状が出てから、メントールを使って症状を改善したいというお問い合わせがありますが、この場合はメントールを使っても回復の望みは低いです。

アカリンダニの寄生の初期には、眼に見えるような症状は現れません。徘徊などの症状が確認できるようになった段階では、群れの多くのミツバチがアカリンダニに寄生されています。

メントールはニホンミツバチに寄生したアカリンダニを殺すのではなく、群れの中の他のニホンミツバチに寄生が広がるのを防ぐものです。

このため、すでに症状が出てからメントールを入れてもほとんど効果が期待できません。

日本ハッカなどのハーブの利用について

日本ハッカなど、一部のハーブはメントールを多く含むので、メントールの代わりに使える可能性はありますが、現実的な選択肢ではありません。

ハーブを巣箱に入れてもメントールの効果が継続的に発揮されるかはわかりません。

また、メントールの利用では分量が重要です。少ないと効果が得られませんし、反対に多すぎると群が死滅してしまう可能性もあります。ハーブを使う方法では分量の調整が難しいと考えられます。

これまでうまくいった事例やノウハウが蓄積されていないため、実験的な取り組みとなります。アカリンダニの対策がうまくいくとは限りません(失敗する可能性は高いでしょう)

また、当然ですが、メントールが含まれないハーブでは効果は期待できません。

このようなことから、ハーブでのアカリンダニ対策には、まだ有効な事例は報告されていません。

アカリンダニが原因で死滅した群れのハチミツについて

アカリンダニ自体には毒性はないため、安全と考えられます

アカリンダニにより死滅した群れは、ハチミツを多量に残している場合も少なくありません。

アカリンダニは、ニホンミツバチの気管を出ると、すぐに死んでしまうそうです。

したがって、例えアカリンダニが繁殖してニホンミツバチの群れが死滅してしまったとしても、ハチミツにアカリンダニが混ざってしまうということはありません。

また、アカリンダニは、ニホンミツバチの気管内に生息する非常に小さいダニです。万が一体内に入ったとしても、人体に影響がないと考えられます。

おすすめの商品
同じカテゴリの投稿
人気の投稿
関連するFAQ

ミツバチQ&A関連質問

ミツバチQ&Aは誰でも自由に質問、回答を投稿できます。ニホンミツバチでもセイヨウミツバチ、ハチミツに関することでも大丈夫。日本中の養蜂家と交流しましょう。ミツバチQ&Aへのサイトへ

おすすめの動画
目次