毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

秋になると、スズメバチがニホンミツバチの巣のまわりにやってくることが多くなります。スズメバチは肉食ですので、働き蜂を捕まえて連れ去ったり、殺したり、巣の中に侵入して幼虫を連れ去ったりします。巣箱に近づいてくるのは、主にキイロスズメバチとオオスズメバチです。

1匹ずつニホンミツバチを捕食する、キイロスズメバチ

体はオオスズメバチよりも小さく、巣の前を飛び回ってニホンミツバチの働き蜂を捕まえようとします。ニホンミツバチが威嚇すると、警戒してあまり近づきません。

キイロスズメバチは1匹ずつ地道にニホンミツバチを誘拐していきます。捕まったニホンミツバチは、肉団子にされてキイロスズメバチの餌になります。キイロスズメバチがやってきても、働き蜂が少し減るくらいで、群れ自体にはほとんど影響がありません。

キイロスズメバチがニホンミツバチを捕食するまさにその瞬間を捉えました。

ニホンミツバチの威嚇の様子を撮影しました。

ニホンミツバチが、キイロスズメバチを逆襲して倒してしまう動画も撮りました。蜂球によって、キイロスズメバチが殺されてしまいます。

キイロスズメバチの対策は?

キイロスズメバチは軒下などの高所に巣を作ります。最近、都市部などではキイロスズメバチが増えている地域もあるようです。知らない間に巣に近づいてしまい、人間が襲われる事故も多く発生しています。もっとも身近なスズメバチと言えます。

しかし、キイロスズメバチがニホンミツバチに与える脅威は少ないです。巣箱の外で働いている、高齢の働き蜂が多少犠牲になる程度です。特に対策をする必要はありません。

また、キイロスズメバチが頻繁に来ている巣箱に近づいても、キイロスズメバチが襲ってくることはありません。地面に死んだキイロスズメバチがいて、それを踏んでしまうことがあるので注意してください。

群れを全滅させる恐ろしいオオスズメバチ

オオスズメバチは世界最強のスズメバチです。他のスズメバチと比べると、非常に大きく、羽音も低く、重い音がします。この音を聞くと背筋が凍ります。

キイロスズメバチとは怖さが全然違います。ニホンミツバチの天敵といえる存在です。

ニホンミツバチの威嚇をもろともせず、巣に近づいて侵入していきます。ニホンミツバチはオオスズメバチが巣に来ると、籠城作戦をとります。

興味深いのは、オオスズメバチも女王蜂や働き蜂、雄蜂のように役割が分かれており、ニホンミツバチの巣を襲う時も集団戦法を取ることです。オオスズメバチも高い社会性を持っており、非常に賢い昆虫であると言えます。オオスズメバチを至近距離で撮影しましたのでご覧になってください。

その後、ニホンミツバチがオオスズメバチの痕跡を消すためにたくさん外に出てきています。これは、「かじり行動」というそうです。オオスズメバチが仲間を呼ぶためにフェロモンを出したのでそれを消そうとしているそうです。

オオスズメバチ対策のポイント

オオスズメバチ対策のポイントは、「オオスズメバチが巣箱の中に入れないようにすること」です。まず巣門の大きさを、ニホンミツバチは通れても、スズメバチは通れない大きさにします。私たちは、ちょうどニホンミツバチが通れる目の大きさの金網を巣門に設置します。

この対策だけで、オオスズメバチの被害をほぼ100%防いでいます。使用している金網は、「平織金網の線径0.8mm、メッシュ4」です。これは、おおよそ5mm四方の目の網です。オオスズメバチは巣箱を強力な顎で噛んで巣の入り口を広げることもあるので、木製や樹脂製の網は使用しないでください。

この後、オオスズメバチが侵入できない金網を巣箱の入り口に設置しました。

基本的に、巣門がオオスズメバチが入れない大きさであれば、オオスズメバチの被害は防ぐことができますが、オオスズメバチは巣門を強力なアゴでかじって広げて侵入を試みるので注意が必要です

次の写真は、ミツバチQ&Aにオタクの蜂飼い さんが投稿されていた画像で、オオスズメバチにより巣門がかじられた時の様子です。上側をかじっているのが分かります。

今日は裏山に行ってきました。通年待ち箱を設置しているのですが、入り口の気になる巣箱が!!|ミツバチQ&Aより

20mm程度の薄い板の巣門であれば、何日もガリガリと削って侵入することがあります。このため、巣門を削れないように、金属を使うことが有効です。

さらに、オオスズメバチがかじるのは巣門の上側なので、私たちは巣門の上側が金属になった鉄製台を利用しています。

このような万全の体制で、オオスズメバチの侵入を防げれば、ニホンミツバチがオオスズメバチにやられることはありません。オオスズメバチも諦めていなくなります。

=> 鉄製台について詳しくはこちら

京都ニホンミツバチ週末養蜂の会の活動地域のように、オオスズメバチがそれほど多くない地域では、これでオオスズメバチの被害はほとんど防げると思います。

オオスズメバチは養蜂家から見ると憎い存在ですが、生態系の中で重要な役割を担っており、害虫も食べます。なるべく殺さずに共存していきたいものです。

なお、ニホンミツバチは、オオスズメバチに対して、防衛手段を持っており、集団で襲われなければ、撃退することもできます。下の動画は、youtubeで見つけたニホンミツバチがオオスズメバチをやっつける動画です。

次は、最大の敵?スムシ

オオスズメバチは対策すれば、被害はほぼなくすことができます(少なくとも、オオスズメバチがそれほど多くない京都府では)。しかし、意外な天敵がニホンミツバチにはおり、養蜂家を悩ませています。

=> ニホンミツバチの天敵と対策2. スムシ



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: