毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

ニホンミツバチからは、ハチミツだけでなく、巣の原材料の蜜蝋(ミツロウ)を採取できます。蜜蝋は食用には用いられませんが、ハンドクリームやロウソクづくりなどに活用することができます。また、ニホンミツバチの誘引に広く使われています。

蜜蝋(ミツロウ)の用途

蜜蝋(ミツロウ)は、その名の通り、蝋(ロウ)です。

蜜蝋(ミツロウ)は、中世ヨーロッパでは教会用のろうそくの原料として用いられました。

その後、石油から生成されるロウソクに取って代わったのはご存知の通りですが、蜜蝋ロウソクはススが出にくく、香りも良いため、現在でも愛好家がいます。

あまり馴染みがなく、認知度も低い蜜蝋ですが、実はいろいろと使い道があります。蜜蝋(ミツロウ)の利用用途として主流なのは、ハンドクリームなどの化粧品の材料や、木材用のワックスの材料です。

お店で売られている製品に蜜蝋が使われていることもありますし、蜜蝋を使ってハンドクリームやリップクリームなどを手作りすることもできます。

実際に、私たちが採取した蜜蝋は、椿みつ朗というスキンケア商品の材料として使っていただいています。

面倒だから蜜蝋は作っていないという人もおられますが、せっかくのミツバチからの贈り物です。有効に活用しましょう。

蜜蝋はニホンミツバチの捕獲に活躍

ニホンミツバチを捕獲するときには、蜜蝋が必要です。

蜜蝋を巣箱に塗っておくことで、ニホンミツバチを誘引できると考えられているためです。

ニホンミツバチの捕獲に必要なのは、ニホンミツバチの蜜蝋です。市販されているものはほぼすべてセイヨウミツバチの蜜蝋です。

手に入りにくいニホンミツバチの蜜蝋を、自分の巣箱に塗るために採取する人が多いです。

ただ、巣箱に塗る用途ではあまり量は必要ではなく、飼育群が増えるにつれて余るようになります。ハンドクリームやロウソク作りにもチャレンジしてみましょう。

蜜蝋は搾かすから取り出す

巣の搾りカスから蜜蝋を作りましょう。蜜蝋の作り方は簡単です。

絞りカスには蜜蝋の他にも、ニホンミツバチの死骸などのゴミが混ざっていますが、お湯の中に絞りカスを入れると、蜜蝋が溶けて浮き上がってくる性質を利用して、蜜蝋を取り出します。

まず、搾りカスを木綿製の袋などに入れて鍋の中に入れます。鍋に水を入れてお湯を沸かすと、水より比重の低い蜜蝋が溶けて水面に浮いてきます。完全に蜜蝋が溶けたところで火を止めて冷やせば、固まって蜜蝋の板ができます。

搾りカスを袋に入れておくことがポイントです。蜜蝋が溶けるとごみは袋の中に残り、蜜蝋だけ浮いてきます。

なお、蜜蝋の融点は65℃程度ですので、お湯を沸騰させる必要はありません。作業はなるべく屋外で行ってください。

搾りカスをお湯で溶かすと異臭がします。屋内だと臭いが充満してしまいます。袋の中に蜜蝋を入れるのではなく、絞りカスをお湯に入れて、溶けてから網を沈めることで、蜜蝋のみ取り出しています。

1回だけでゴミを完全に取り除くことは難しいので、この作業を何度か繰り返して、蜜蝋をきれいにします。

蜜蝋をどの程度まできれいにする必要があるのかは、用途によって異なります。ロウソクにする場合は、多少ゴミが含まれていても大丈夫です。

しかし、ハンドクリームの材料に使う場合は、目に見えるゴミを取り除く必要があります。巣箱に塗るための蜜蝋は、ゴミがたくさん混じっていても問題はありません。

ゴミを細かく取り除きたい場合や、小さく成型したい場合は、大きな固まりを砕いて、蜜蝋だけを湯煎で溶かします。

溶けた後に、型に流し込みます。型には耐熱性のタッパーなどを使います。ゴミを取り除く場合は、キッチンペーパーなどで液体の状態の蜜蝋をろ過します。

太陽光・ホットプレートを利用した蜜蝋の精製

蜜蝋の融点はおおよそ65度です。サウナのような高温の空間に搾りカスを入れておくと、蜜蝋だけが溶けます。そして、容器を傾けると、蜜蝋だけが流れ出てきます。

この理論を応用し、太陽光を使って容器の中の温度をあげて蜜蝋を精製する器具が販売されています。

太陽光では天気に左右されてしまうので、ホットプレートを改良して行っています。

加熱しすぎると蜜蝋は発火しますので、温度は必ず一番低くして、加熱中は目を離さないでください。

お湯で溶かすよりも最初から綺麗な蜜蝋ができ、作業も簡単なので、最近ではホットプレートでの精製が中心です。

蜜蝋の精製に直火は禁物

蜜蝋の融点は65度程度です。必要以上に温度をあげすぎないようにしましょう。

先ほど書いたように、蜜蝋を精製する際には、蜜蝋の底にかなり小さなゴミが残ります。この小さなゴミを取り除くには、水で蜜蝋を溶かすのではなく、蜜蝋だけを溶かす必要があります。

蜜蝋は溶けると水や油のようにサラサラの液体になるので、ろ紙でろ過すればかなり細かいゴミまで取れます。

湯煎ではなく、鍋に蜜蝋を入れて直火で加熱すると、蜜蝋の温度が高くなり過ぎて、蜜蝋の色が黒っぽく変色してしまいます。

また、目を離したりして長時間火にかけると、煙が出てきて最後には発火します。

蜜蝋は可燃物ですので、くれぐれも扱いに注意してください。変色や発火を防ぐため、蜜蝋を直火で溶かすのはやめましょう。

すぐ蜜蝋を作らない場合は、搾りかすの中でスムシが増殖しないように注意

ハチミツを絞った後にすぐに蜜蝋を作る場合はよいのですが、そうでない場合も多いと思います。

1つの巣箱から採れる蜜蝋はわずかですので、まとめて蜜蝋を作りたくなります。

このとき、常温で搾りかすを保存しておくと、搾りかすの中でスムシがどんどん蜜蝋を食べてしまいます。

採蜜が終わった搾りかすはジップロックなどの袋に入れて密封し、冷凍庫に入れてください。

これで、スムシが蜜蝋を食べてしまうことはありません。

蜜蝋の保存方法

蜜蝋の保存方法は、いたって簡単です。

蜜蝋は常温であればほとんど変化しない物質です。ただ、直射日光に当たると、蜜蝋の色が白っぽくなります。

このため、常温で、直射日光に当たらない場所においておきましょう。

長期保存する場合など、心配であれば冷蔵庫に入れてもよいですが、常温で十分保存できます。

蜜蝋の色や香りの違い

ハチミツの味や風味は、ミツバチが訪れた花の種類によって大きく変わります。

蜜蝋の色や香りも、ミツバチが訪れた花の種類によって変わります。

セイヨウミツバチの蜜蝋の場合、輸入品もあるので、天然の蜜蝋は色や香りが大きく違うものがあります。

経験上、ニホンミツバチの蜜蝋は香りもそれほどきつくありません。色の違いもそれほど大きくはなく、基本的には黄色で、白っぽいものから濃いオレンジ色というような違いがあります。

これまでに述べたように、日光に当てると白っぽくなり、精製中に加熱しすぎると黒っぽくなります。

蜜蝋の利用方法は

リップクリームやハンドクリームの作り方などの、蜜蝋の使い方については、蜜蝋の利用方法で紹介しています。

また、巣箱への蜜蝋の塗り方については、蜜蝋の塗り方で紹介しています。

質問はミツバチQ&Aへ

蜜蝋の作り方や利用方法、その他ミツバチについての質問はミツバチQ&Aでお待ちしております。ミツバチのQ&Aはこちら。質問や回答の投稿にはユーザー登録が必要です。

関連するQ&A



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: