毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

ニホンミツバチの飼育の注意点を説明します。始める前によく読んでおきましょう。特に、ニホンミツバチの刺される点、ご近所トラブルが起こりやすい点に注意が必要です。。

刺されたら痛いだけじゃない。不安な人はアレルギー検査を

脅かすわけではありませんが、ニホンミツバチの飼育中に刺されて命を落とす可能性はあります。大切な家族が刺されるかもしれません。刺されないための対策と、刺された時の手当について説明します。

ニホンミツバチに刺された場合の症状は個人差が大きく、蚊に刺された程度しか腫れない人もいますし、病院に行かなければならないほど症状が重くなる方もいます。

ミツバチやスズメバチの毒に対するアレルギーの有無は、病院で調べてもらうことができます。昔ハチに刺された時の症状が重かったので心配な方や、一度刺されたときに症状が重かった方は、調べてもらうとよいでしょう。

いつかは必ず刺されます

いくらニホンミツバチが大人しいといっても、飼育しているといつか必ず刺されてしまいます。特に巣箱を開けて作業すると、刺激を与えて、ニホンミツバチを興奮させてしまいます。

作業するときの服装は、長袖と長ズボンで、服の上から刺されないようにある程度厚みのあるものを着てください。そして、顔を守るために覆面布をつけましょう。また、手は刺されやすいので、ゴム手袋をしましょう。ニホンミツバチが服の中に入ってくると危険ですので、裾を止めてシャツをズボンに入れるなどの対策をしっかりとしてください。

作業時にはニホンミツバチを殺さないように注意しましょう

ニホンミツバチは、巣を守ろうとして攻撃してきます。このため、巣箱を動かしたり、振動を与えたりする作業が伴うときに注意が必要になります。特に注意が必要なのが、巣箱の下敷きにしてしまったりして、ニホンミツバチを殺してしまったときです。

仲間が殺されたということは、外敵に攻撃されていることを意味するので、ニホンミツバチも攻撃的になります。なるべく殺さないように作業することで、攻撃性を抑えることができます。

ただ、これも刺される回数を減らすための対策で、絶対に刺されないという訳ではありません。

観察中も十分に注意を

数メートル以上離れて観察するだけならば、ほとんどの場合は大丈夫です。ニホンミツバチが怒った時でも、多くの場合、ニホンミツバチは刺す前にまず体当たりをしてきたり、まとわりついてきます。手で払ったりせずに、ゆっくりと巣箱から遠ざかってください。

服装は、白っぽいものを着用しましょう。黒や紺はニホンミツバチが警戒しやすいです。ズボンや上着のすそを絞ってください。誤って服の中に入ってしまった場合は、人間もニホンミツバチもパニックになって刺されてしまうことが多いです。

髪が長いとニホンミツバチが絡まってしまい、その結果刺されることがあるので、帽子をかぶったほうがよいです。また、香水や化粧品にはニホンミツバチを刺激する物質が含まれていることがあるので、注意してください。

ご近所トラブルに注意

住宅地で安易に巣箱を設置し、ご近所トラブルを起こせば、「ミツバチを住宅地で飼育する非常識で迷惑な人」になってしまいます。ニホンミツバチの飼育が原因で、そのような事になることだけは避けてください

基本的に、住宅地では飼わないでください。苦情がくることも多く、条例で住宅地における飼育を禁じている自治体もあります。家族や隣人が刺されてしまうということは容易に考えられるトラブルです。

また、その他にも意外なトラブルがあり、住宅が少ない地域でも起こってしまうものもあります。よくあるトラブルについて紹介しますので、ご近所に事前に説明を行ってください。また、ハチミツをおすそ分けするなどして、良好な関係を築いておいてください。

ご近所トラブル1.「怖い」と苦情が来る

「刺されてしまいそうで怖いから、飼育をやめてほしい」というのが最も多い苦情です。ニホンミツバチは基本的には大人しいのですが、寒い冬の季節や、群れが消滅しかけている場合は、ニホンミツバチも攻撃的になります。また、化粧品にニホンミツバチを刺激する物質が入っていることもあります。

普通の人は、刺されても少し腫れる程度ですが、アレルギーを持つ人が稀におり、最悪の場合は死に至ることがあります。決して軽視することはできません。人の出入りがある場所には、巣箱は設置しないでください。

私たちが飼育する場合にも、巣箱の周囲の住宅が少し多い場所に巣箱を設置すると、苦情が寄せられることがあります。特に、子供がいる方はミツバチの飼育に関して敏感です。「子供が刺されそうで心配」という意見は納得できますので、その場合は他の場所を探してください。

ただ、ニホンミツバチではない別の種類のハチが飛んでいるのを見た方から、「あなたが巣箱を置くから、ハチがたくさん家の周りを飛んで困る」というような的外れな苦情が来ることもあります。このような苦情に対しては、しっかりと説明をして解決してください。

ほとんどの人は、スズメバチもアシナガバチも、ミツバチもクマンバチも区別がついていません。丁寧に説明して理解してもらうことが必要です。

ご近所トラブル2. 見落としがちな糞害は、ご近所に大迷惑

洗濯物や車に、黄色い無数のシミがついたようになることがあります。これは、糞害(ふんがい)と呼ばれるものです。ミツバチはきれい好きですが、あくまで巣の中だけです。巣の中では糞をしませんが、巣の外で糞をします。

ミツバチは飛行中に糞をしますので、巣箱の近くの洗濯物や車、住宅の壁などを汚してしまうことがあります。糞害が起こると、黄色い無数のシミがついたように見えます。住宅の密集地では注意してください。私たちは、糞害が発生した場合にはすみやかに巣箱を移動させます。一般にはあまり知られていませんが、最も起こりやすいトラブルです。

この写真の例ではわずかに付いているだけですが、大量に着くと壁一面が汚れることもあります。

糞害はかなり厄介な問題です。まず、被害が発生していても気づきにくいです。知らない間に近所迷惑になっている場合があります。

ミツバチの質問サイト、ミツバチQ&Aには次のような近所の養蜂家の糞害に悩む方から投稿がありました。

隣家で養蜂をされているのですが、我が家の洗濯物や布団を干した際に糞が沢山つくようになりました。
普段より大変良くして頂いており、我が家の家庭菜園もミツバチの恩恵を受けていますので、隣家に気づかれることなく糞の対策ができれば・・と考えております。
ミツバチの糞が洗濯物や布団につく場合の対策 | ミツバチQ&A

また、糞害で洗濯物や車が汚れていても、普通の人はそれがミツバチの糞によるものとは気付くことができません。

糞害を防ぐ対策も完全なものはなく、糞害が発生したらすみやかに巣箱を別の場所に移動させてください。

ご近所トラブル3. 春に分蜂群が飛び回り、恐怖を与える

「ニホンミツバチが出入りする様子なんて、少し見えにくい所に巣箱を置いておけば見えないし、隣の家の人に内緒で飼育しても大丈夫だろう」なんて思っていないでしょうか。確かに、普段はニホンミツバチの飛翔はあまり目立ちません。しかし、分蜂のときは、何千匹ものニホンミツバチが飛び回ります。家の中からでも、庭先を飛び回る羽音が聞こえます。

住宅地に巣箱を設置した方から、「分蜂のときにこんなにニホンミツバチが飛び回るとは思わなかった。今日は隣の人がたまたまいなかったのでよかったが、明日も飛び回らないか不安でたまらない。今すぐ巣箱を動かしたい」との相談を受けたこともあります。

分蜂の騒ぎを知らない人が見ると、驚いて市役所などに駆除の依頼をされる可能性もあります。また、騒ぎに驚いた人が転倒して怪我をしたり、交通事故を起こしたりするかもしれません。

都市部では分蜂が起こって、ニホンミツバチが飛び回ったり、信号機などにニホンミツバチが集合すると、警察車両が出動したり、ニュースで取り上げられるなどの騒ぎになります。都市部でなくても、自宅の庭で飼育していた巣箱から、分蜂群が飛び出し、隣の家の軒下に集合してしまうかもしれません。それまでこっそり飼育していて、そのとき初めて隣人が飼育について知ったのであれば、関係が悪化してしまうでしょう。



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: