毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

趣味でニホンミツバチを飼育する人が増え、静かなブームとなっています。始め方は意外と簡単。このページでは始め方を詳しく解説します。

養蜂と聞くと、とても難しそうと思う人が多いです。

しかし、日本に住む野生のミツバチである、ニホンミツバチの飼育の方法は簡単です。

庭の木に取り付けた巣箱に小鳥がやってくるように、ニホンミツバチの巣箱を置いておくとニホンミツバチがやってきて巣を作ります。

高い技術・知識が必要ないため、趣味で飼育する人が増えています。

家庭菜園延長のような感覚で行うことができます。

趣味の養蜂の目的はハチミツを採るだけではありません。

愛好家にとって、ニホンミツバチはペットのような存在です。

毎日ニホンミツバチを眺めて元気をもらったり、飼育方法や生態を研究して楽しむ人も多いです。

退職後、時間を持て余していたが、ニホンミツバチの飼育を始めてから毎日がイキイキと楽しいという人も少なくありません。

ニホンミツバチを飼育と人の輪が広がります。

採れたハチミツを差し上げたり、フリーマーケットで販売すると多くの人と知り合えます。

養蜂はまだまだ珍しい趣味です。ニホンミツバチを飼育していると言うと、多くの人が興味を持って話を聞いてくれるので、会話のネタにも困ることはありません。

自分にも教えて欲しいと人が訪ねてくることも多いですし、養蜂のイベントに行けば全国の愛好家と交流することもできます。

もちろん、自家製のハチミツは最高です。

最近ではハチミツの健康効果にも注目が集まっていますが、スーパーで売られているハチミツの中には、混ぜ物や加熱されているものが多く、せっかくの栄養素が破壊されているものもあります。

自家製のハチミツはもちろん未加工・未加熱です。とても健康に良いのです。

また、一般に売られているのは、外来種のセイヨウミツバチのハチミツです。

ニホンミツバチのハチミツは、幻と言われるほど貴重です。

ハチミツ専門店でも販売しているところが少ないほど貴重で、1kgが1万円以上の高値で販売されています。

趣味でこんなに貴重なものが手に入るのはすごいと思いませんか?

「でも養蜂って難しいんでしょ?」「何年も弟子入りしないと行けないんじゃないの?」という声も多いです。

でも、一口に養蜂といってもいろいろあります。ほとんどの場合は、養蜂というと外来種のセイヨウミツバチを飼育することを指しています。これは確かに簡単ではありません。

一方、ニホンミツバチを飼育は大変シンプルです。

飼育といっても、巣箱に勝手にニホンミツバチが住み着いているという状態に近いのです。

何も世話をせず、餌も与えず、秋頃になると貯まったハチミツの一部をもらいます。

ニホンミツバチの飼育は大家さんと似ています。

趣味で養蜂を楽しむ、「週末養蜂」を提案しています。

これは仕事があっても飼育できるというコンセプトなのですが、実際にはそんなに世話が必要ありません。

月に1回程度の点検でも大丈夫です。

ニホンミツバチは勝手に住み着いているだけなので、人間がすることはほとんどないのです。

「ハチは刺すから怖い」とよく言われます。でもその「ハチ」って、ニホンミツバチではなく、スズメバチだったりアシナガバチの場合がほとんどです。

ニホンミツバチは大変大人しく、寒い時期や群れの健康状態が悪化している場合などを除けば、近づくだけで刺すことは稀です。

近づいて眺めるだけなら防具も必要ありません。ニホンミツバチの攻撃性が低いことも、多くの人がペットのように可愛がる理由の1つです。

ニホンミツバチの養蜂はほとんどお金がかかりません。

まず巣箱は手作りします。よくテレビで紹介されるミツバチの巣箱は複雑な構造ですが、それはセイヨウミツバチの飼育の様子です。

ニホンミツバチも同じような方法で飼育できますが、主流なのはもっとシンプルな巣箱です。あとで紹介します。

シンプルなので巣箱も手作りできます。

そして群れは野生の群れを捕まえるので、無料で入手できます。

入居した後はエサも与えなくてもよいです。ランニングコストはほぼゼロ円。

そして、ハチミツを採るときも、テレビでよく見るクルクル回す装置ではなく、台所用品を流用します。

ほとんどお金もかからず、しかも高価なハチミツも採れます。

本格的に飼育すればある程度の副収入にもなります。例えば、だいたい数十群れ飼育すれば、年間ハチミツが100kg程度採れ、1kgが1万円以上の値段なので・・・。

ニホンミツバチの飼育、始めてみましょう

ここからはニホンミツバチの飼育方法を紹介します。

ここまで説明したように、ニホンミツバチの飼育を始めるには、群れを捕獲します。

捕獲のシーズンが決まっていますので注意してください。

九州だと3月、中国地方から関東だと4月頭くらいです。

この時期を逃すと捕獲が大変難しくなります。これから紹介する内容をシーズンに合わせて準備する必要があります。

それでは捕獲のステップを1つずつ紹介しています。

捕獲に必要なものを揃えた週末養蜂スタートキットもご用意していますので、時間がない方はそちらがおすすめです。

=> 週末養蜂スタートキット

まず巣箱を用意します。巣箱は手作りでも大丈夫です。

1つだけでなく、巣箱をたくさん用意することが捕獲には大事です。

巣箱の作り方は次のページで紹介しています。

=> 巣箱の作り方

また、ニホンミツバチを誘引するために、巣箱にはニホンミツバチの蜜蝋(みつろう)を塗ります。

売られている蜜蝋のほとんどはセイヨウミツバチの蜜蝋です。

ニホンミツバチの蜜蝋はほとんど販売されていません。貴重なニホンミツバチの蜜蝋も販売しています。

=> ニホンミツバチの蜜蝋はこちら

ニホンミツバチの捕獲シーズンが近づいたら、作った巣箱をいろんな場所に設置します。

たくさんの巣箱を分散させて設置するのがポイントです。

家の前、家の裏などにおいてもあまり意味がないので、それぞれ数百メートルは離しましょう。

捕獲シーズンに遅れてしまう失敗が大変多いです。3月、4月の忙しい時期なので、準備を早めに終わらせてしっかり遅れないようにしてください。

=> ニホンミツバチの捕獲シーズンについて詳しくはこちら

ニホンミツバチを誘引するために、キンリョウヘンという蘭か、キンリョウヘンの誘引成分を化学的に合成した待ち箱ルアーを用意します。

キンリョウヘンは育て方や開花時期の調整が初心者には難しいため、これから始める方には待ち箱ルアーがおすすめです。

待ち箱ルアーなら簡単に利用できます。

=> 待ち箱ルアーについて詳しくはこちら

巣箱を設置すれば、後は待つだけです。巣箱を動かしたり、いじるのは逆効果です。じっくりと待ちましょう。

捕獲できるかどうかは、運にも大きく左右されます

ニホンミツバチの捕獲はそう簡単ではなく、何年もかかる場合があります。

このサイトで紹介している捕獲のコツをよく読んで実行してください。

=> ニホンミツバチの捕獲のコツ

よりじっくりと、しっかりと学びたい方には、教材がおすすめです。

教材では詳しく説明しており、付属のDVDで捕獲の瞬間も動画で見て学ぶことができます。

=> これならできる!ニホンミツバチの週末養蜂について詳しくはこちら

週末養蜂スタートキットがおすすめ

これから始める方には、教材「これならできる!ニホンミツバチの週末養蜂に巣箱や待ち箱ルアー、蜜蝋がセットになった週末養蜂スタートキットがおすすめです。

週末養蜂スタートキットの内容

  • ミツバチ捕獲用 重箱式巣箱
  • 日本ミツバチの蜜蝋
  • 分蜂群誘引のための待ち箱ルアー
  • 養蜂の教科書(DVD付き)

=> スタートキットについて詳しくはこちら



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: