毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

「養蜂」とは、ハチミツなどを採取するためにミツバチを飼育することですが、養蜂を身近なものに感じている日本人は少ないでしょう。

しかし、ミツバチの大量死や環境保護問題への関心の高まりや、鉄腕ダッシュや金スマなどの人気テレビ番組での飼育の方法が紹介されたことをきっかけに、趣味としての養蜂を始める人が増えています。

日本に住む野生のミツバチの「ニホンミツバチ」と、輸入種であり家畜の「セイヨウミツバチ」の2種類がいます。

プロの養蜂家はすべてセイヨウミツバチを飼育しています

しかし、費用(コスト)が低く、高い専門知識が必要ないことなどから、ニホンミツバチを趣味で飼育する養蜂家が増えています。

養蜂で得られるのはハチミツだけではありません。癒しや、人とのつながりなど、多くのものを得ることができます。

ニホンミツバチの飼育を始めて、新たな生きがいを見つけ、生き生きとした毎日を送っている方がたくさんいます。

ニホンミツバチを飼育していると、ハチミツを差し上げたり、買ってくれる人が出てきたり、自然な形で輪が広がっていきます。

他の飼育者と知り合うこともあります。見学させて欲しいと言う人がやってくることも多いです。

ハチミツの採取の様子を見学して、採れたてのハチミツを食べた人の多くは感激し、大満足してくれます。

ミツバチの飼育は、他の趣味とはまた違った形で、大きく人の輪が広がっていくことも特徴です。

ハチミツはおいしいだけではありません

非加熱・未加工のハチミツは栄養たっぷり。パンやヨーグルトにかけたり、料理に使って毎日食べると健康的です。

ニホンミツバチは養蜂場では飼育されることは稀です。

このためハチミツは幻と呼ばれるほど貴重で、高価なものです。

趣味にはお金がかかると言いますが、ニホンミツバチの飼育では費用(コスト)が少ないだけでなく、高価なハチミツも採れるのです。

ニホンミツバチのハチミツの味に慣れると、もうスーパーのハチミツには戻れなくなります。

趣味でありながら、他では手に入らないような絶品の食材を手に入れられるのは素敵だと思いませんか?

ニホンミツバチなら手軽に養蜂を始められます

「養蜂」というと、難しく、とても素人ではできないもののように感じられます。

しかし、ニホンミツバチの飼育の方法はあまり知られていないだけで、それほど難しいものではありません。

ここで紹介しているのは、ニホンミツバチの飼育方法の中でも、できるだけ自然のままに飼育する、手のかからない方法です。

「養蜂家になるまでは、何年も修行が必要なんでしょ」と質問を受けることがありますが、それは半分合っていて、半分間違っています。

同じ釣りでも、船で大物を狙うもの、費用(コスト)や熟練が必要になる漁、サビキ釣りのように誰でも安くできる趣味の釣りまで様々です。

養蜂でも同じです。養蜂場でプロの養蜂家が行う専門性が高く、生産性を追い求めるものであれば、長い修行が必要です。

一方、ニホンミツバチの週末養蜂は、高い専門性は必要なく、誰でも楽しめるものなのです。

養蜂というとミツバチを自由自在に飼い慣らすという印象がありますが、ここで紹介している方法は野生のニホンミツバチが巣箱に住み着いた状態です。

一般的な養蜂のイメージとは違いますし、プロの養蜂家からみると、こんなものは養蜂ではないと言われているかもしれません。

ただ、高度な知識が必要ないため、趣味の養蜂に向いているのです。

ニホンミツバチの週末養蜂は、飼育するといっても、野生のニホンミツバチが、勝手に巣箱の中に巣を作っているという状態です。

木の中や、床下などに巣を作っているニホンミツバチは、勝手に大きくなり、ハチミツもたくさん貯めます。

巣箱で飼育する場合でもこのサイトで紹介する方法であれば、基本的には人間の世話が必要ありません。

週末養蜂と言っていますが、実際には週に1回も世話をする必要はなく、1ヶ月に1回、数ヶ月に1回でも大丈夫です。

蜂って刺すから大変でしょ?と思っている人も多いですが、ニホンミツバチはおとなしいので、飼育していても刺されることはそう多くはありません。

もちろん、刺されることはたまにはありますが、暖かい季節で、ニホンミツバチの機嫌が悪くなければ、観察だけなら大丈夫です。

毎日、巣箱から出入りするニホンミツバチを眺める人も多いです。

それでは、ニホンミツバチの飼育を始めるために必要な費用と、ランニングコストはどうでしょう?

養蜂ってお金がかかるんでしょ?と思っている方も多いです。

養蜂というと、品種改良された、家畜のセイヨウミツバチの養蜂を指す場合が多いのですが、この場合は、巣箱や群れ、ハチミツをとる道具を一式購入します

だいたい20万円が必要です。

このサイトで紹介している、野生のニホンミツバチ週末養蜂では、巣箱は手作りなので材料費だけ、野生の群れを捕獲するので無料で入手、ハチミツをとる道具もキッチンにある道具やホームセンターで売っているものを流用します。

ニホンミツバチにはエサを与える必要もないので、お金がかかりません。高価な薬を処方するなども必要ありません。

さらに、うまくいけば1群れから5kgから10kgのハチミツが採れます。

ニホンミツバチのハチミツは大変貴重で、値段も高いです。5kgのハチミツは、だいたい5万円から10万円の価値があります。

このため、初期費用や、ランニングコストの心配をする必要はありません。

ニホンミツバチの飼育は、用意した巣箱に野生の群れに住んでもらう

ニホンミツバチは野生に住むミツバチです。山の中では、大きな木の中などに巣を作ります。

人間が生活する場所にも住んでおり、木の中だけでなく、お墓や民家に巣を作り、人間を困らせることがあります。

田舎に住む人はもちろん、都市部に住む人にとっても、ニホンミツバチは意外と身近な存在です。

「え、そんなミツバチなんて見たことも聞いたこともない」という方も多いでしょう。

しかし、ニホンミツバチは東京のど真ん中の新宿御苑の木の中に巣を作ったり、大阪のど真ん中にある大阪城の木の中に巣を作ったりしています。意外にもどこにでもいるのです。

住宅が多い場所では、害虫として駆除されることも多いです。

なお、北海道と沖縄はニホンミツバチは住んでいません。また離島では住んでいるところとそうでないところがあります。

ニホンミツバチの野生の巣について、もっと詳しく知りたい方は、次の動画をご覧ください。

この意外に身近な存在のニホンミツバチを、用意した巣箱の中でニホンミツバチに住んでもらうことで、飼育をすることができます。

飼育しているというよりも、勝手にニホンミツバチが住んでいる状態です。

ニホンミツバチから見れば、木の中に巣を作るのも、床下に巣を作るのも、あなたの巣箱に巣を作るのも同じです

ニホンミツバチはどこでも生息しており、巣を作りたい場所に、巣を作るのです。

「うちの周りには花畑がないから養蜂は無理だ」というのは間違いです。

ニホンミツバチは2kmほどは飛行しますし、小さな花はたくさんあります。ニホンミツバチは山の樹々に蜜を集めに行くことも多いです。

多くのニホンミツバチが住宅やお墓に巣を作っていることから分かるように、ニホンミツバチはどこでも飼育できるのです。

もちろん、広大な花畑があればハチミツはたくさん貯まるので良いですが、ニホンミツバチは何百種類以上の花を訪れます。そのうち、普通の人なら見向きもしないような小さな花が大半です。

ニホンミツバチの飼育は、春先から始める!

ニホンミツバチは野生の群れを捕獲します。

捕獲シーズンは決まっており、春先の1ヶ月あまりです。

九州だと3月から、中国地方から関東までの平均的な気候では4月上旬から、東北では4月下旬からというように、時期が決まっています。

この時期を逃すと、捕獲はかなり難しいです。

不可能ではないですが、かなり確率は下がります。

しっかりと春先までに準備することが、ニホンミツバチの飼育を始めるために重要です。

これから始める方によくあるのが、まだまだ先だろうと思っていたり、始めるか始めないか、なかなか決断できず、ずるずると捕獲シーズンを迎えてしまうことです。

遅れると、チャンスはまた1年後です。

それでは、飼育の始め方をステップに分けて紹介します。

ニホンミツバチ飼育のステップ 1 巣箱を用意する

ニホンミツバチの飼育は、まず巣箱を用意することから始まります。野生のニホンミツバチが引っ越してくるための、空き部屋を用意しておくのです。

木工が得意な方であれば巣箱を自分で作ることができます。自作のオリジナルの巣箱で、ニホンミツバチを捕獲するところに、大きな喜びがあります。

巣箱には蜜蝋(みつろう)を必ず塗りましょう。

ニホンミツバチの分蜂群れの捕獲に効果があると言われています。

売られている蜜蝋のほぼ全てがセイヨウミツバチから採れた蜜蝋ですが、捕獲にはニホンミツバチの蜜蝋が必要です。

必ずニホンミツバチの蜜蝋を使うようにしてください。

ニホンミツバチの蜜蝋はなかなか手に入りにくいものです。販売しています。

=> 蜜蝋の販売(ネットショップに移動します)

ニホンミツバチ飼育のステップその2 捕獲シーズンが始まる前に巣箱を設置する

ニホンミツバチが好む場所に巣箱を設置します。また、巣箱の設置場所は人通りが少なく、畑等の広い空間が良いでしょう。ご近所トラブルを避けるため、住宅密集地での飼育は避けましょう。

ニホンミツバチが好む場所

  • 見晴らしがよい
  • 温度変化が少ない
  • 強い日差しや風があたらない

巣箱を設置するだけでも入居することはありますが、確率はそれほど高くありません。

そこで、キンリョウヘンというランの花を使います。このランの花がニホンミツバチを誘引することが知られており、多くの愛好家が利用していました。

2014年からは、キンリョウヘンの誘引成分を化学的に合成した待ち箱ルアーが販売され、大ヒットしています。

キンリョウヘンは栽培や使い方が難しいという欠点がありました。待ち箱ルアーは誰でも簡単に使うことができます。

これから始める方には、待ち箱ルアーをおすすめします。

「実際にどのくらい使われているの?」と疑問に思うかもしれません。

私たちは分蜂マップという分蜂の捕獲報告システムを運営し、日本全国から受け付けています。

2018年は1700件を超える捕獲報告が投稿されました。ニホンミツバチが自然に巣箱にやってきたもののうち、90%にキンリョウヘンまたは待ち箱ルアーが利用されています。

キンリョウヘンか、待ち箱ルアーのどちらかを使うのはもう常識と言える状態です。

  • 待ち箱ルアー利用 45%
  • キンリョウヘン利用 45%
  • どちらも利用しない 10%

=> 待ち箱ルアーの販売(ネットショップに移動します)

ニホンミツバチ飼育のステップその3 あとは待つだけ

ニホンミツバチはにやってきます。春は新しい女王蜂が生まれ、元の女王は群れの半数を連れて新しい巣を探しに外に出かけます。これを、分蜂(ぶんぽう)と呼びます。

分蜂して出てきた群れが、あなたの用意した群れに入居してくれれば、ニホンミツバチを飼育することができます。

ニホンミツバチの養蜂で1番難しいことはミツバチの捕獲です。ニホンミツバチの捕獲はそう簡単ではありません。しっかりとした準備の上に、運が必要です。

ニホンミツバチは自然が相手、運も必要となります。ニホンミツバチは捕獲シーズンがあり、春先がもっとも捕獲の確率が高いです。

捕獲シーズンを逃すと捕獲確率は大きく下がり、また1年後に再チャレンジしなければなりません。

絶対に捕獲シーズンに遅れないようにしてください。

メールで季節にあった情報をお届け

とは言っても、ニホンミツバチの捕獲はそう簡単ではありません。

何から手をつけてよいか分からないという人も多いと思います。

そこで、季節にあった準備の情報をメールでお届けしています。

例えば、「2月には〇〇しましょう」、「この時期に多い失敗は・・・です」、「分蜂時期の予報」などの情報を毎週届けています。

登録は無料でいつでも解除できます。ぜひご登録ください。基本的な失敗の多くを避けることができます。

メルマガ登録はこちらから

教材でより詳しく飼育の始め方を紹介中

私たちが作成している教材、「これならできる!ニホンミツバチの週末養蜂」では、より詳しく飼育の始め方を紹介しています。

本の対象はこれから始める方です。付属のDVDで、動画を見て学べます。

捕獲方法のコツなども紹介しているので、初心者におすすめです。

=> これならできる!ニホンミツバチの週末養蜂について詳しくはこちら

これから始める人にはスタートキットがおすすめ

ここまで説明したように、ニホンミツバチの飼育を始めるにあたっては、巣箱、蜜蝋、待ち箱ルアーが必要です。また、飼育のために1冊本もあると良いでしょう。

そこで、ニホンミツバチの捕獲に必要なものが一式揃った週末養蜂スタートキットを用意しています。

週末養蜂スタートキットの内容

  • ミツバチ捕獲用 重箱式巣箱
  • 日本ミツバチの蜜蝋
  • 分蜂群誘引のための待ち箱ルアー
  • 養蜂の教科書(DVD付き)

週末養蜂スタートキットの購入はこちらから

※週末養蜂スタートキットの販売は、ニホンミツバチの捕獲シーズンのみの期間限定販売です。1月下旬頃から6月頃まで販売しています

週末養蜂スタートキットのお客様の声

週末養蜂スタートキットを購入されたお客様の声をご紹介します。

しっかりした商品が届きました。一緒に入っていたDVD・本とても満足してます。後は蜂が入ってくれたら言うこと無しですね(^O^)v

すべて初めてで知識も無く購入しましたが、最初は全然入らなかったのですが、忘れた頃の夏に入っててびっくりしました。

もうこの時期は夏分蜂も終盤なのですっかり出遅れてしまいましたがいてもたってもいられず商品を購入いたしました。
早速その日のうちに設置いたしました。初心者でも短時間で設置できます。

購入者の経験、感想に基づくものであり、効果を保存するものではないのでご注意ください。

週末養蜂スタートキットが届いたら巣箱を設置しよう

スタートキットに付属している巣箱の組み立ては簡単です。積み重ねるだけで完成します。工具などは必要ありません。

巣箱は、ニホンミツバチの捕獲シーズンの前から設置しておいても大丈夫です。

蜜蝋は巣箱の天井部分に塗られた状態でお届けしますので、塗らなくても大丈夫ですが、余裕があれば壁や巣門のあたりにも塗ってみてください。他にも自分で巣箱を用意した時に蜜蝋を利用できます。

教材で捕獲方法を学ぼう

週末養蜂スタートキットに付いてくる教材「これならできる!ニホンミツバチの週末養蜂」には、これから始める方向けのニホンミツバチの捕獲方法、飼育方法が紹介されています。

DVDもついており、これまで養蜂に関する本を読んだことがない人でも、映像で飼育方法を学ぶことができます。

また、初心者向けのニホンミツバチの捕獲のコツも詳しく紹介しています。例えば、次のようなものがあります。

ニホンミツバチの捕獲のコツの例

  1. 巣箱は最低3つ用意しよう
  2. 巣箱の設置場所は3ヶ所以上を試してみよう
  3. 巣箱に蜜蝋を塗ろう
  4. 待ち箱ルアーは巣箱と同じ数を用意しよう

これならできる!ニホンミツバチの週末養蜂で、ニホンミツバチの飼育方法が一通り学べます。捕獲シーズンが始まるまでじっくり学びましょう。
ニホンミツバチの捕獲シーズンまで余裕があれば、巣箱を自作してみましょう。巣箱の作り方についても教材で詳しく紹介しています。

捕獲シーズンの開始直前に待ち箱ルアーを取り付けよう

捕獲シーズンの直前に、ニホンミツバチを誘引する心強いアイテム、待ち箱ルアーを開封して巣箱に取り付けましょう。

待ち箱ルアーは開封から45日間効果が持続します。

スタートキットに付属するもの以外に、たくさん巣箱を用意した方は、待ち箱ルアーも巣箱の数だけ用意しましょう。

さあ、あとはニホンミツバチが来るのを待ちましょう。

ニホンミツバチの飼育は自然が相手。ニホンミツバチが必ずくるわけではないのでご注意ください

=> 週末養蜂スタートキットの購入はこちらから

ニホンミツバチについてよくある質問

ニホンミツバチの飼育についてよくある質問にお答えします。

1. 周りに花畑がないし、養蜂なんて無理?
ニホンミツバチは、雑草や山の木からもたくさんハチミツを集めます。
また、最近は都市部での養蜂が世界的に注目されています。都市部では、公園や花壇などの花や、さらには缶ジュースの飲み残しなどを集めているようです。

2. どのくらいの確率で捕獲できますか?
ニホンミツバチの捕獲は自然が相手です。人間の思い通りにはなりません。

これから始める人が捕獲するのは大変です。これから始める方が巣箱を1つ置いただけでは、捕獲の確率は1割, 2割と考えてください。

ニホンミツバチの愛好者は10,20とたくさん巣箱を設置することで、群れを捕獲しています。

3. 面布・手袋はいつから必要?
捕獲用の巣箱を置いて、そこにニホンミツバチが入ってくるのを待つだけならば、ニホンミツバチ触ることもなく、刺される心配もまずありません。
入居した後に、乱暴に扱うと刺される場合もあります。面布などの防具はニホンミツバチを捕獲してからでも準備は間に合います

4. はじめるのにお金がたくさん必要ですか?
ニホンミツバチの飼育は、数千円、数万円から始めることができます。
巣箱を手作りして、野生の群れを捕まえるので、群れの購入が必要ありません。巣箱も手作りする人が多く材料費だけならとても安いです。

5. 土地が広くないとできませんか?
田舎の家の庭や、畑などの他人が近づかない場所に、1メートル四方程度の巣箱を置く場所と、巣箱の前にある程度の空間があればよいです。果樹が植えてある場所があれば、果樹の下などでも良いです。

6. 飼育するのは難しいですよね?
ニホンミツバチは野生のミツバチなので、お墓の中や、民家の床下、天井裏などにもよく巣を作ります。このような群れは駆除されることも多いですが、あえてそのままにしている人もいます。

例えば、ピザ窯に巣を作ったニホンミツバチを観察している人もいます。


ピザ窯の皆さん−3 6月26日 | ミツバチQ&Aより

もちろん、このような方々は、まったくニホンミツバチの知識がありません。それでもすくすくとニホンミツバチの群れは成長しているのです。ニホンミツバチの飼育方法も、このような野生の巣とは大きく変わりません。

野生のニホンミツバチが、たまたま人間が作った巣箱の中に巣を作っているとも言えます。それに、少し手助けをしてあげる、そして、ハチミツを分けてもらいやすいのが、ニホンミツバチの飼育です。実際に、多くの方がこのようなスタイルでニホンミツバチの飼育を楽しんでいます。

さっそくはじめてみましょう。

=> 週末養蜂スタートキットで養蜂を始める



毎週養蜂の情報が届く!メールマガジン登録

季節に応じた飼育情報をお届けします。これから始める人のチャレンジもサポート!

6,000人以上が登録している大人気のメルマガです。登録は無料です。いつでも配信停止できます。

更新日: