巣箱が完成したら、ニホンミツバチを誘引するために蜜蝋を塗ります。捕獲率が上がると言われており、ニホンミツバチの養蜂家の全てが行なっていると言っても過言ではありません。

蜜蝋はニホンミツバチの誘引に効果がある

蜜蝋というのは巣の材料です。蜜蝋がこびり付き、その香りが残っていることは、以前その場所でニホンミツバチが巣を作っていたことを意味します。どうやら、以前巣を作った場所を好む性質があるようです。セイヨウミツバチの蜜蝋では塗ってもあまり効果はなく、ニホンミツバチの蜜蝋を塗る必要があります。蜜蝋を塗る時期は分蜂の直前の春先が理想的ですが、それよりも前に塗っても、十分効果はあるので問題ありません。

蜜蝋を塗る場所は巣箱の天井部分

蜜蝋を塗る箇所や分量については様々な意見があります。私たちは巣箱の天井部分のスノコの部分だけに塗っています。他には、巣門に塗る人もおられます。たくさん塗ったからといって効果が上がるとは限らないと京都ニホンミツバチ週末養蜂の会では考えています。

蜜蝋の塗り方

また、ベタベタに塗りすぎると逆効果です。巣を作るときに邪魔になるのでニホンミツバチが嫌がります。蜜蝋は薄く塗れば十分です。私たちは、塗装面を薪ストーブの上で熱してから、蜜蝋をこすりつけています。蜜蝋の融点は65℃ほどですので、塗装面がその温度以上になっていれば蜜蝋が溶けて薄く塗ることができます。もちろん、このくらいの温度では板がこげることはありません。

普通、薪ストーブは家にありませんので、アイロンやドライヤーで代用させるか、バーナーの火で木の表面を加熱するとよいと思います。予め木を熱しておき、そこに蜜蝋をこすりつけます。蜜蝋が木の表面で固まってしまった場合は、ドライヤーの温風で溶かしてください。塗布した蜜蝋の有効期限は、はっきりとは分かっていませんが、年に1回春に塗れば十分です。

巣箱に塗るのはミツロウだけで良い

砂糖水やハチミツを巣箱に塗ると良いのではないかと試す方がいますが、逆効果です。アリが集まってきてしまいます。

ニホンミツバチが集まることがありますが、これはエサを取りに来ているだけです。キンリョウヘンの誘引はフェロモンの作用です。エサを集めに来るのとは全く別物です。ミツロウも、ニホンミツバチがもともと巣があった場所を好むから、フェロモンの物質が含まれているからというように言われています。実際、蜜蝋を温めていると匂いにつられてミツバチが寄ってきます。ミツロウ以外は巣箱に塗る必要はありません。

貴重なニホンミツバチの蜜蝋をお譲りしています。

ニホンミツバチの蜜蝋は、非常に希少なものです。ニホンミツバチのはちみつは生産量が少なく、「幻のはちみつ」のはちみつと言われていますが、蜜蝋はハチミツの20分の1程度しか取れませんので、さらに希少です。

販売している場所が元々少ない上に、最近のニホンミツバチブームもあり、売り切れているお店もあります。

京都ニホンミツバチ週末養蜂の会で採取した蜜蝋は、リップクリームの材料としてほぼ全量提供しておりますので、他の愛好家、団体から提供を受けています。

蜜蝋が必要な方はこちら

蜜蝋だけでなく、待ち箱ルアーでニホンミツバチを誘引しよう

蜜蝋の誘引効果よりも期待ができるのが待ち箱ルアーです。待ち箱ルアーを使ってニホンミツバチを誘引しましょう。

=> 捕獲方法のコツ4. 待ち箱ルアーを使ってニホンミツバチを誘引しよう

捕獲のコツ一覧

メールマガジン申し込み!

「これならできる!ニホンミツバチの週末養蜂」の無料体験用のPDFをプレゼント!

更新日: